未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第2節 ヴィッセル神戸対サンフレッチェ広島

こんにちは。銀さんです。ついに待ちに待ったJリーグの再開!皆さんも首を長くして待っていたことと思います。いろいろありましたが、約4か月ほどの中断期間を挟んで、7月4日からJ1リーグがまた始まります。J2・J3はもう既に始まっていますが、これからまた国内サッカーで明るい話題を届けられたら良いですね!

さて今回はマッチプレビューということで、対サンフレッチェ広島戦の展望を勝手にしていきたいと思います。なんと言っても、今回が初のプレビュー記事。いろいろ手探りでやっていくわけなんですが、どうか生暖かい目で付き合ってくれると嬉しいです。(笑)それでは、スタメンから順に注目ポイントを挙げていきたいと思います。

予想スタメン

神戸は3-5-2 広島は3-6-1

 

神戸の方は前節欠場していたCBのフェルマーレンが復帰する予定なので、システムも前節の4バックから3バックへ変更にはるはずです。フィンク監督が就任してからというもの、メインとして運用してきて、結果も残してきた3バックが久しぶりにお目にかかれますね。CFはドウグラスと古橋という予想。前節の横浜FC戦では連戦の疲れもあり、ドウグラスは途中からの出場になりましたが、今節では間違いなくスタメンに名を連ねてくるはずです。

対する広島は前節鹿島戦と同じ3-6-1の配置を予想。メンバーも全く同じであろうと予想しました。アクシデント等がなければこの布陣で臨んでくると予想します。前節の対鹿島戦は前線の3人が仲良く1点ずつ取り、なおかつ守備陣は無失点に抑えて3-0の完勝。堅守のイメージがある広島ですが、攻撃陣がタレント揃いで侮れません。

システムの噛み合わせ

神戸ボール保持時【3-5-2対3-6-1】

 

広島ファンの方には申し訳ないのですが、神戸応援ブログなので神戸視点で書かせてもらいます。(笑)お互いのシステムをがっちり噛み合わせると上図のようになります。神戸のボール保持時、神戸の3CBにボランチのサンペールを加えた4人が、相手の1トップ+2シャドーの3人に対して、4対3の数的優位を作ることが出来ます。とはいえ、対鹿島戦でも鹿島の3枚に対して3枚ではめにいく形が見えたので、+1人では心許ないです。そこは相手のプレスラインの高さに応じて、GKも含めてビルドアップしたり、山口とイニエスタの両CHが下りる形で十分対応することができるでしょう。

そして後方からの組み立てで得た数的優位を、いかにして中盤から前線に繋げていくかというところが焦点になっていきそうです。鹿島戦でも見せつけたように、広島のハイラインプレスは練度が高く、1つのミスが失点に直結してしまいます。ある程度セーフティーにドウグラスめがけてロングボールを蹴る戦法も恐らく導入してくるでしょう。

勝敗を分けるポイント

広島の守備のルール

自陣に引きこもる守備も強固ですが、チーム全体で息を合わせてグッとラインを押し上げてハイプレスをしかけてくることもあります。そのタイミングは定かではないですが、ボールをDFラインに下げたときは高い確率でプレッシングを行っているように、鹿島戦では映りました。狙いとしては以下の2つがあります。

①相手のビルドアップのミスを狙ってそのままショートカウンターを仕掛ける
②詰まったところで苦し紛れのロングボールを蹴らせてセカンドボールを回収する

より高い位置で奪えれば、それだけ前線のタレントの破壊力を活かすことができますし、②でも後方には対人に強い3人が待ち構えているので、最悪マイボールに出来なくても相手陣内に跳ね返して守備をやり直すこともできます。鹿島戦ではこの2つの狙いがばっちりハマっていたように映りました。対人守備に自信のある広島ならではの戦法ですね。

しかし当然マンマークで守備をすると、一人一人の責任というのが大きくなります。誰か1人がやられたら連鎖的に崩れていく諸刃の剣です。上図を見てもらえば分かる通り、広島が前線からマンマークで嵌めにきたとき、広島のDFラインと神戸の2トップが瞬間的に同数となります。鹿島戦では2トップ+SHのどちらかを加えた3対3の状況が何度も生まれていました。もし神戸戦でも相手が前線からマンマークの守備で嵌めに来た場合、ドウグラスへのシンプルなロングボールで決定機を作れるかもしれません。相棒の古橋はかなりの俊足ですし、一発の裏抜けで決めきる決定力も最近は見違えるものがあります。もちろんショートパスで歪みを作りながら崩していく形が理想ではありますが、こういった大味なロングボールもうまく織り交ぜていきたいですね。

守備に参加しないヴィエイラ

第1節の広島対鹿島を観戦しましたが、広島の守備はかなり統率されていると思います。ハイラインを仕掛けるタイミングや方向付けもチームで統一されている感じはありましたし、後方での守備で用いていた5-4-1という後ろを厚くする配置も隙がありませんでした。

昔から堅守でならす広島ですが、もちろん神戸にも付け入るスキはあります。まず右OHのヴィエイラの守備参加の消極性です。彼は相手の左CB、あるいは左SBと対面することが多かったのですが、アプローチこそするものの、コース切りと奪取を意識したアプローチは数えるほど。さらに、相手に押し込まれているときでも、左OHの森嶋とは対照的に、しっかりと中盤の4人のラインを保とうともしていませんでした。鹿島に何度かその穴を見抜かれて決定機に繋がるようなチャンスを作られていますし、ヴィエイラがいる神戸から見た左サイドは、神戸のストロングでもありますし、多くのチャンスが見られるかもしれません。

こういうチャンスが生まれるかも…

 

ヴィエイラが守備に戻らないことで、神戸の左サイドで数的優位を作ることが出来ます。スピードのある古橋が左に流れて、ワイドから1対1で仕掛ける場面を多く作ることができるかもしれません。当然酒井とイニエスタも絡んだコンビネーションも見られるでしょう。もちろん広島の城福監督もこの辺りは頭に入っているでしょうし、もしかしたらヴィエイラと森島の位置を入れ替えてくるか、そもそもヴィエイラをベンチに座らせるかもしれません。ただ前節で1ゴールと結果を残している選手をベンチには置きづらいとは思うので、スタメンを飾る確率はかなり高いと思います。神戸の左サイドは言わずもがなのストロングポイントなので、ヴィエイラが右だった場合には、数多くのチャンスが生まれることを期待したいです。広島の右サイド、神戸の左サイドの攻防は勝敗を分ける大きな分かれ道になるはずです。

広島の前進

広島の前進の仕方はシンプルです。まずはロングボールをワントップのペレイラとシャドーのヴィエイラに当てる形。鹿島戦では相手のハイプレスを回避するためのターゲットとしてペレイラとヴィエイラを活かすロングボールが主体となっていました。しかし相手のプレスが強いときでも繋ぐ意思を何度も見せており、全部蹴っちゃおうって感じではないです。しかしそこまで練度は高くないように映りました。鹿島のハイプレスに対して浮足立つシーンもありましたし、ロングボールで逃げるべき場面で繋ごうとしていたりと、チームとしての準備は不十分なように感じました。そこの境界線は結構曖昧で、前半の序盤にビルドアップのミスから決定機、またはそれに準ずるチャンスを何度も作られていました。なので鹿島が敢行したように、ハイプレスはかなり有効な手にはるはずです。

しかし、神戸の2トップに対して相手は3バックなので数的に不利なのに加え、神戸のDFラインは全体的に後方の巨大なスペースをカバーできるほどのスピードはないですし、イニエスタの守備の強度は高くなく、90分通しての持続力にも疑問が残ります。

そこで現実的な策としては鹿島戦で浮足立つシーンが目立った前半の序盤だけハイプレスを敢行します。そこで点が取れれば設けもんですし、取れなくても全体でハイプレスに行くタイミングやシチュエーションを共有できていれば、複数回にわたって行うこともできるでしょう。それ以外の多くの時間帯ではミドルゾーン、またはディフェンシブゾーンで5-4のラインでしっかりブロックを組んで守ることができれば、カウンターのチャンスを伺えますし、2トップのスピードも最大限活かすことができるはずです。

連動したハイプレスでパスコースを遮断

 

サイドに誘導してボールを奪取できれば一気にチャンスになります。後は自陣深くで構えたときに、どれだけサイドで踏ん張れるかが焦点になると思います。両翼のハイネルと柏はそれぞれパワーとテクニックに秀でた厄介なアタッカーです。そこに森島とヴィエイラが絡んでくる攻撃の破壊力はJでも屈指のものがあります。中で待ち構えるペレイラは高さとパワーを兼ね備えるタイプのFWですし、簡単にクロスを上げさせることは許されません。横の揺さぶりに耐えて全体をコンパクトに保ちつつ、サイドで数的優位を作られることなくマークの受け渡し、CBやサイドバックが空けたスペースを埋める動きなど、決まり事をしっかりと定めた上で臨みたいですね。

展望

ここで遅まきながら、神戸側から見た、過去の対広島の成績をおさらいしておきましょう。

過去対戦成績:10勝11分22敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(ホームゲーム):7勝6分9敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

過去の対戦成績では大きく水を開けられていますね。直近のアウェイ戦で2-6の大敗を喫したのは記憶に新しいところです。明らかに苦手としている広島ですが、ホームでの相性は意外と悪くありません。…と言いたいところなんですが、4日に行われる試合は無観客で行われる予定です。(10日から少しずつ観客を入れる予定)なので、地の利を生かすということができません。海外では音響設備を使ってアウェイの空気感を演出しているチームもありますが、そういった試みをしてもいいかもしれません。

とにもかくにも、再開初戦となる今節の広島戦は、今後を占う大切な試合になることは間違いありません。苦手な広島を叩ければ一気に流れを呼び込むこともできるはずです。チームの公式Twitterにアップされた動画を観ても、選手たちのモチベーションはかなり高いように感じました。きっと勝利を収めてくれるはずです!

「J1優勝」に値するチームなのかどうかを見極める一戦として注目したいと思います。今からキックオフが待ち遠しいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です