未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第3節 サガン鳥栖対ヴィッセル神戸

こんにちは。銀さんです。さて今回はJ1リーグ次節の相手となる、対サガン鳥栖のマッチプレビューをお届けしたいと思います。前節のリーグ再開初戦となる広島戦は0-3の黒星スタートとなってしまいました。公式戦に臨む上での最低限のコンディションも整っていないように見受けられ、事前準備の差も結果となって出てしまいました。しかし落ち込む暇もなくどんどん試合は続いていきます。次節の相手はサガン鳥栖です。広島とは打って変わって、お得意様と言えるほど相性が良い鳥栖。トーレスの引退試合で圧勝したのは記憶に新しいところです。波に乗るためにもここは確実に勝っておきたいところ。

予想スタメン

鳥栖は4-3-3 神戸は3-5-2

 

神戸は前節と変わらない配置で来ると予想します。過密日程とはいえ再開して2試合目。まだターンオーバーは組まないと思われます。中3日と厳しい間隔なのは間違いないですが、緊張感のある公式戦を1試合こなしたことで、コンディションも格段に上がっているでしょうし、チームとしての連係を合わせていく上でも、ここはベストメンバーで来ると予想しています。

対する鳥栖は大分戦と同じ布陣で来ると予想します。理由は同じく、連携を深めていく上でもベストのメンバーを送り込んでくるはずです。直近の試合では1-6と大勝を収めていますが、あのときの鳥栖は残留争いの渦中にいました。そのため守備的な布陣を組まざるを得ず、金監督が志向する攻撃スタイルを一旦しまう必要がありました。しかし今シーズンは1シーズンを最初から請け負ったこともあり、去年の鳥栖とは一味違う姿を見せてくるに違いありません。「鳥栖=守備のチーム」という考えは捨てるべきかもしれません。

システムの噛み合わせ

試合を分析する上で欠かせないシステムの噛み合わせは下図の通り。

神戸ボール保持(3-4-2-1対4-1-4-1)

 

神戸のボール保持時、鳥栖の配置はミドルゾーンで構える4-1-4-1が予想されます。上図を見てもらえばわかる通り、両SBの守備の基準点が存在しません。大分戦では両WBが中に絞って両CHを見て、両サイドバックが両ウイングバックのマークを引き取っている形が見られましたが、神戸戦でも同じようなマークの形態で来るかもしれません。

鳥栖の守備ルール

鳥栖は第2節の対大分戦で相手のビルドアップに対して、ミドルゾーンで構える非保持時、4-1-4-1のような形を見せていました。偶然ではありますが、大分と神戸は志向するスタイルも、ボール保持時の配置も瓜二つ。なので鳥栖対大分が想定以上に良いモデルケースになっていました。大分のビルドアップに対して前線からハイプレスを仕掛けることは数えるほどで、多くの場合、ミドルゾーンまで引き込んでから、ロペスのアプローチを合図にプレッシングを行っていました。おそらくはハイラインを敷いたところで、大分の緻密なビルドアップの前ではプレスを剥がされてしまう、と恐れての振る舞いだと思います。対神戸で他の多くのチームがそうするように、鳥栖も、中盤で構えてカウンターが基本路線になるはずです。

 

サイドに追い込んでのパスカットを狙う

 

プレスの手順としては、相手がミドルゾーンに侵入してきたら、トップのロペスが中央のCBに対して、左右どちらかのサイドに誘導するようにアプローチをします。それに呼応して限定したサイドの選手がそれぞれマークに付くというやり方です。例えば右サイドだったら右CBに左CHの原川がアプローチをして、そこから右WBに出たら左WGの小屋松が出てくる、という感じです。狙いどころはもちろんサイド。そこで奪ってからトップのロペスに付けて、アタッカーが飛び出してカウンターを仕掛ける、というのが基本的な戦い方になると思います。

大分がビルドアップにかなり苦戦している姿が印象的でした。後方のビルドアップの枚数を3枚にしたりDHも含めた4枚にしたり、試行錯誤をしていましたが、その都度鳥栖はプレスの形を変えて対応していました。3枚のときはCFと両WGがそれぞれ対応するCBにアプローチをかけ、相手が4枚にしてきたときは、両WGが下りて来たDHに対して、中へのパスコースを切りながらアプローチをかけていました。相手のビルドアップの形に対して即座に反応してプレスの形を変え、中を切りながらサイドに誘導するというチームの狙いがピッチで表現できていました。流石、昨シーズン鳥栖を残留に導いた金監督といったところです。

鳥栖のボール保持

大分戦では相手がハイプレスで来る回数が少ないこともあって、ポゼッションを武器とする大分を上回るほどの保持率を記録しました。基本陣形は中盤逆三角形の4-3-3です。発表されたスタメン通りの配置で、ポジションチェンジが少なく、さらに大分が5-4-1で構えたこともあって、鳥栖がボールを持つと展開がかなり遅くなりました。後方からのビルドアップではショートパスで繋いでいく姿勢も時折見せましたが、大分が嵌めに来ていると見るや、ロングボールに切り替える柔軟性も見せていました。ロングボールのターゲットはトップのロペス。上背があってパワーもあり、何度も空中戦で勝利してマイボールにしていました。ミドルゾーンまでボールを運ぶ、あるいは相手を敵陣に押し込んだ状態では、両WGのスピードをまず活かすという狙いが見えました。ちなみにリバプールでも、CBのファンダイクから幾度となく両WGのサラーとマネを狙ったロングボールが送られます。

両WGのスピードを活かす鳥栖の狙い

 

両WGの小屋松とアウベスのスピードを活かそうという狙いはもちろん、3バックの盲点となるサイドを積極的に突いていこう考えもあると思います。実際に2人は強烈な個を持っていますしね。特に右WGのアウベスは前半から幾度となく個で打開するシーンを作っていました。スピードとパワーが桁違いで、懐の深いドリブルからの強烈な左足は驚異的です。1人で攻撃を完結させてしまう凄みを感じました。もちろん逆サイドの小屋松もかなりの俊足ですし、シンプルな狙いではありますが厄介です。

この両WGと対峙するであろう西と酒井が結果的に自陣にくぎ付けになることもあるでしょうし、カウンターを怖がって高い位置を取れなくなることもあるでしょう。両翼の2人に自由にプレーさせないためにも、西と酒井のポジショニングはもちろん、抜かれたときのCBのカバーリングと、CBの空けたスペースをDHのサンペールがカバーする動きなどをしっかり準備しておきたいですね。

一方鳥栖はショートパスによる崩しも狙っていますが、フォーメーション重視で定位置から動かないので、マークのずれが引き起こせず、ボール保持時の流れから決定機まで行くシーンはほぼ皆無でした。さらに両SBも低い位置を取って4バックがフラットになるようなビルドアップをしていたことからも、金監督の慎重な姿勢が見え隠れしていたように思います。

勝敗を分けるポイント

鳥栖戦を如何にしてモノにするのか。重要なのは神戸からした右サイドの攻撃、左サイドの守備だと思っています。まず左サイドの守備というのは、鳥栖の右WGには攻撃の全権を担うと言っても過言ではないアウベスというアタッカーがいるからです。大分戦での鳥栖は攻撃をアウベス一人に託している印象さえ受けました。それくらい左サイドは重点的に攻めてくるので、タイトなマークとカバーリングを徹底したいところです。そして攻撃面。「え?左サイドの攻撃の間違いじゃないの?」と思われた方がほとんどだと思います。なぜ右サイドなのか、ポイントは2つあります。

①小屋松の運動量(仕事量)
②小屋松のポジショニング

 

鳥栖ファンの方すみません。別に小屋松を貶したいわけではありません。単純に僕が「狙うとチャンスなんじゃないかな?」と思った程度ですので、どうか気を静めてください。(笑)

まずは①の運動量ですが、読んで字のごとく、小屋松の上下動の動きは大分戦を見ていてもかなり多いです。攻撃時には相手のサイド裏に抜ける動きを繰り返し、守備時には相手WBをマークするために左SBの位置に入ることもあります。さらに本来はSBがやるようなCBが空けたスペースを埋める動き(ペルムータ)まで見られました。ここまでWGが上下動するチームは珍しいです。それくらい、多くのタスクを監督から授かっていました。

そしてその運動量との因果関係があるのが②です。小屋松は幾度となく相手WBにフリーでボールを持たれており、ポジショニングが前半から上手く定まっていないような印象を受けました。WBにボールが出てから後追いするシーンが非常に多く、立ち位置が少し甘かったように映りました。そして時計の針が進むに連れ、過負荷状態に陥り、ポジショニングが曖昧になるシーンが散見されました。例えば大分戦の30分35秒付近のシーン。CBからOHへのくさびが入り、ポストプレーから一気に右ワイドに開いたWBへロングボールが届くシーンです。

小屋松のポジショニング①(大分対鳥栖 前半30分30秒)

 

明らかに大分の片野坂監督が準備してきた形がこのサイドチェンジです。まさに陣形の穴を突いた攻撃になっています。小屋松はこのとき中盤の4のラインを保つことに集中しており、ワイドで開くWBは全く目に入っていなかったと思います。「じゃあSBが寄せればいいじゃん」と思っちゃいますが、左SBの選手は中に絞って相手OHの選手をマークしなければなりません。(ピン留め)だからといって、小屋松があらかじめタッチライン付近に立ってしまうと、今度はコンパクトさが失われて中盤のスペースを使われてしまうという、まさに配置の穴を突いたジレンマを生み出す攻撃の形です。

このシーンでは小屋松がスプリントでスライドしたことで事なきを得ましたが、もしロングボールが鋭くてかつ深さも取れていて、さらにWBにスピードがあったら…確実に決定機になっているような場面でした。形は違えど、この「左サイドに人を集めて右サイドに一気にサイドチェンジをする(アイソレーション)」という考え方は十分使えると思います。しかし如何せん、神戸の右WB西はそこまでスピードに長けていません。なのでよりスピードのある郷家をサイドアタッカーに起用してもいいでしょうし、もしくはCBにフェルマーレンがいれば、もっと早く正確に付けられるかもしれません。

2つ目の印象的なシーン。前半の序盤で何回も見られたシーンです。右CBの岩田がボールを持っているときの小屋松のポジショニングです。

あやふやな小屋松のポジショニング②

 

相手がDFラインでのビルドアップの形を、3枚からDHを下げた4枚に変更した直後のシーン。相手が3バックのときには、明確に相手WBをマークするタスクを与えられていた小屋松が一転、4バックになったことで守備の基準点を失います。結果、相手OHとWBの間に立つ中途半端な立ち位置になってしまっており、大分からすれば、三角形を作って崩す定石の形が生まれていました。

しかし前半のうちに修正が施され、金監督の指示か選手の判断か分かりませんが、小屋松が相手WBにあらかじめマークに付くことで、この現象は起こらなくなりました。すると今度は右CBが敵陣深くまでフリーで持ち運ぶシーンが出てきましたし、次から次へと相手に選択を強いるという意味では、大分の戦い方は非常に良いモデルになるはずです。小屋松をキャパオーバーさせるような配置の変更やポジションチェンジで、どんどん揺さぶっていきたいですね。

そしてやはり、ここも行き当たりばったりではいけません。偶然できたスペースを偶然見つけて使うのではなく、あらかじめ準備した動きをパターン化した方が確率も上がります。「確率」や「個」任せではなく、自分たちの特徴と相手の動きも想定しながら、ある程度パターン化した「型」が見られるのを期待したいと思います。準備期間はほぼないに等しいですが、試合も使いながらシーズンを通して徐々に固めていくのが理想だと思います。

展望

神戸側から見た対鳥栖の戦績は以下の通りです。

過去対戦成績:11勝8分5敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(鳥栖ホームゲーム):5勝3分3敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

神戸は結構鳥栖を得意としています。去年のトーレスの引退試合で、イニエスタがワールドクラスのプレーを連発したのを覚えている人も多いのではないでしょうか?僕は下田さんの「田中順也の左足ぃぃぃ!!!」も一緒に思い出します。(笑)

それは置いておいて、鳥栖は非保持でパワーを発揮するチームだということが改めて分かりました。ミドルゾーンで組んでカウンターを狙い、自陣に押し込まれたときも5-4-1でスペースを消して相手に隙を見せない。今シーズンは新加入の選手が多いですし、去年のチームとは全くの別物と考えていいでしょう。

神戸からしたら広島戦で良いところなく敗れており、是が非でも勝ち点3が欲しいところ。焦点となるのは攻撃の形。前節はどの選手も、ボールを貰ってからパスコースを探している姿が印象的でした。鳥栖は広島と同じく5-4のブロックを敷いてゴール前を固めてきます。そこをどうこじ開けるのか。シンプルにドウグラスとイニエスタの個なのか、ポジションチェンジなのか、クロスなのか。いずれにしても準備してきた「意図した」形が、わずかでも見えることを期待したいと思います。今節こそ勝って波に乗りましょう!Vamos kobe!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です