未分類

【マッチレビュー】明治安田生命J1リーグ 第3節 サガン鳥栖対ヴィッセル神戸

こんにちは。銀さんです。今節神戸は敵地に乗り込んでのアウェイ鳥栖戦になります。中3日というかなり厳しい日程ですが、お得意様の鳥栖相手に、是非とも勝ち点3が欲しいところです。地獄の過密日程が始まりますから、監督がどんなやり繰りをするのかにも注目して見ていきたいですね。

スタメン

鳥栖は4-3-3 神戸は4-3-3

 

神戸は前節の3バックから4バックに変更してきました。第1節の横浜戦が4バックでしたから、それ以来になるでしょうか。いつも通りの面々にベテランの小川を右WGで起用するという布陣です。4バックにした理由は前節の広島戦の後半に、CBの渡部に代えて小川を投入したことで、少し流れが好転したイメージが監督の中にあったのだと思います。後は鳥栖の対大分戦を観て、大分が後方4枚でビルドアップをしてきたときの鳥栖の対応が、後手を踏んでいたことも関係していると思います。

鳥栖も前節と同じく4バックの布陣で臨んできました。攻撃・守備ともに前節の戦い方がベースになっていると考えると、前節の鳥栖の相手・大分の戦い方がモデルになると思います。ビルドアップで後方の枚数を調節しながらショートパスで崩していく。後は大分が導入したサイド攻撃もかなり有効になるでしょう。守備時の配置はおそらく5-3-2、あるいは5-4-1でしょうか。守備からリズムを作ってくる点では、広島と似たスタイルを志向するチームなので、まずは先に失点をしないことに気を付けながら、ボールを保持して試合を優位に進めたいところです。

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第3節 サガン鳥栖対ヴィッセル神戸こんにちは。銀さんです。さて今回はJ1リーグ次節の相手となる、対サガン鳥栖のマッチプレビューをお届けしたいと思います。前節のリーグ再開初...

前半

神戸の狙い

大分戦と同じアプローチで試合に臨んできた鳥栖。大分と神戸はスタイル的にも似たところが多くあり、自然と似たアプローチとなっていました。ハーフライン付近のミドルゾーンで構えた時は4-4-2とも4-1-4-1ともとれるような配置でコンパクトに守り、奪ったら前線のロペスに当てて両WGが飛び出していくというシンプルなもの。

神戸からしても、自陣深くでブロックを敷いて守る相手にはかなり苦戦する傾向があります。この日の前半もなかなかブロックの内側を経由して、バイタルエリア付近でイニエスタがボールを持ってチャンスに繋げる場面を作れていませんでした。しかし悪くはなかったと思います。この日の神戸は、選手の距離感をかなり大切にしているのが伝わってきましたし、ライン間にいるイニエスタを使ってダイレクトも織り交ぜながら、テンポ良くボールを回すシーンが多くありました。その最たるシーンが前半14分ほど。

神戸が使いたいスペース

 

ライン間に顔を出したイニエスタにタイミング良くくさびが入り、山口とドウグラスが絡んだワンタッチプレーで最後はドウグラスのシュートまで行っています。フリーで待つ酒井に出していればより決定機に近いチャンスになっていましたが、ドウグラスはストライカーなので判断としてはOKです。横浜戦でも広島戦でも課題となっていた「ライン間に入った後の挙動」ですが、この場面ではしっかり準備したものが出ていたように思います。

まずは「ライン間に顔を出したイニエスタをシンプルに使う」ということ。これは全員が今までよりも意識していた部分だと思います。イニエスタは狭いスペースでも、多少相手にチャージを受けている状態でも難なくボールを収めて、驚くような反転から様々なプレーを繰り出すことが出来ます。つまりライン間にいるイニエスタを使うことこそ、神戸が最もゴールに近づく瞬間と言えます。その意識を全員が持てていたからこそ生まれたチャンスと言えます。

イニエスタの貰い方も絶妙です。松岡と原川の視野から完全に消えた後に、ヌッと顔を出し大﨑から絶妙なタイミングでパスを引き出します。何気ないプレーですが、幾度となくライン間という狭いスペースで敵をいなしてきたイニエスタならではの経験が詰まっています。そこにしっかり合わせる大﨑のタイミングも素晴らしいと思います。イニエスタがライン間でボールを受けさえすればいろんなアイディアが出てくるので、今後も積極的に狙っていきたいですね。

ライン間に顔を出すイニエスタ

 

そのための「横パスで揺さぶりながら守備組織の穴を作る」という意図が、この試合でははっきりと見ることができました。ブロック外で漫然と回している感のあった横浜戦と広島戦とは打って変わり、「相手の守備組織を横パスやロングパスで広げて間を使う」という意図がしっかりとパスにこもっていました。パスやトラップも思い通りのところに置けていましたし、テンポの良いダイレクトパスも徐々に出て来たので、間違いなくコンディションは上向いていると思います。今後が一層楽しみですね。

鳥栖の守備

鳥栖の守備は前節大分戦で見られた配置とほぼ同じように映りました。ミドルゾーンではライン間をコンパクトに保つための4-4-2。自陣深くのゴール前の守備では5-4-1でしっかりとゴール前とサイドを固める配置になっていました。しかしこの日の鳥栖は、最後までなかなか思うようにプレスがハマらなかった印象です。

特に前半の鳥栖は、あまりに神戸のパス回しを自由にやらせすぎた印象があります。4-4-2のファーストラインとなる前線の2人(ロペスと原川)はほぼ仕事ができていませんでした。主な役割としては1人が中を切って1人がボールホルダーに寄せてコースを限定するのが仕事になりますが、2人が横並びになることで、間を自由に使われる場面がかなり多かったです。間でもらったイニエスタが斜めのパスを古橋や小川に通したり、サンペールがもらってワイドに大きく展開したり。

もちろん神戸の対応も素早く手慣れていました。相手の2トップに対してこちらも2CBですから数的には同数で、ボールをスムーズに持ち運ぶのは難しくなります。そこでサンペール、あるいは山口が上手く列を下りて、ビルドアップを大いに助けていました。後方のビルドアップを3枚にすることで2人の間は開き、その間に縦パスが通したり、サイドに揺さぶって外から中に斜めのパスを通したり。

特にサンペールは出色の出来でしたね。後方のビルドアップに積極的に参加して正確なトラップとパスでビルドアップの大きな助けになっていましたし、鳥栖の2トップの間に顔を出して効果的な前進を図ったり、山口やイニエスタに斜めのパスをピタリと通したり。相手のファーストラインのプレスを無力化するような働きをコンスタントにしていました。昨シーズン見られたサンペールが戻って来たような感じがしますね。

鳥栖のプレスをかいくぐる神戸

 

鳥栖の4-4-2の守備組織は機能していなかったように映りましたが、幸いにも鳥栖はそのプレスの形を引っ張ってくれました。おかげで難なく敵陣に侵入して相手を5-4-1、あるいは6-3-1で固めざるを得ないほどに押し込んで、同時に相手のカウンターの芽を摘むことにも成功していました。ボールを保持しながら相手の攻撃の機会を奪う。まさに神戸が目指さんとする方向性が、今季初めて見えた気がしました。

前半は決定機に繋がりそうなシーンは何度かありましたが、チャンスらしいチャンスはないまま後半に入ります。

後半

鳥栖のプレス変更と飯倉のビルドアップ参加

前半プレスがなかなか決まらなかった鳥栖。後半からプレスの形を変えてきます。前半は神戸の後方3枚に自由にボールを持たれてしまっていたので、まずはシンプルに圧を強くすること。そして3枚に対してしっかり3枚で対応すること。それにより神戸は確率が低いロングボールを蹴らざるを得ない状況に追い込まれ、こぼれ球を拾われてカウンターを受けることに。その流れで決定機にまで持ち込まれてしまいます。

プレスの形を変える鳥栖

 

鳥栖に決定機まで作られてしまう神戸ですが、相手の変更を感じ取って今度はGK飯倉がビルドアップに登場します。相手がここぞとばかりにハイプレスを仕掛けて来たことを察知した飯倉は、後方からのビルドアップに参加することで、再び数的優位を確保することに成功します。飯倉が参加したのは後半が始まってすぐの2,3回でしたが効果はてきめん。ハイプレスをかけても突破されるだけだ、と諦めた鳥栖は、また前半のようにミドルゾーンまで下がることになります。

さらにサイドバックを捨ててまで両CBに寄せていた両WGの金森とアウベスも、慎重な姿勢を見せたことで、前半と同じように鳥栖は完全に自陣に押し込まれる流れとなってしまいました。飯倉のとっさの判断だったとは思いますが、得点が生まれる最初の潮目となったのはこの飯倉の判断だったと理解しています。飯倉がCBの位置に入ることで相手はまた数的に不利な状況になって、押し上げたくても押し上げられくなります。

鳥栖のハイプレスを無力化

 

もし鳥栖がDFラインを押し上げてもっと全体をコンパクトにして、マンマーク気味にプレスをかけてきたら、飯倉の球出しにミスが起きて鳥栖の先制点が生まれたかもしれません。しかし、DFラインを上げると当然背後に広大なスペースが生まれますし、そうなると古橋やドウグラスのスピードが発揮されてしまう危険性があります。そういった様々な要素が絡み合って、鳥栖は必然的にラインを下げざるを得なくなり、再び神戸がボールを保持する展開へと戻っていきます。

さらに4-4-2の前線の2人(林と本田)のプレスが全くかからなくなり、両CBが持ち運ぶ場面が多くなります。すると、神戸の両SBをマークしている鳥栖の両WGに選択を迫れるようになります。もしCBに寄せてしまえばSBを空けることになり、寄せなければCBの侵入を許すという、神戸にとっては後出しじゃんけんで勝てるような状況が生まれます。鳥栖は何度かSBを捨ててCBに寄せますが、簡単に剥がされてしまったので、結局出られずにSBにつられてズルズル下がることで、6バックのような形になることが前半より圧倒的に多くなります。

鳥栖は両WGが最終ラインに吸収される

 

すると神戸はさらに圧力を感じることなくボールが保持できるようになり、悠々とボールを回しながら、余裕を持ってスペースを探せるようになります。そして、その展開を待ってましたとばかりに感じ取ったのがフィンク監督です。おそらく監督は相手を6バックにするほど押し込めるようになったのを見て、後方でビルドアップの助けになっていたサンペールをお役御免にして、より前に重心を置こうという意図で、ゴールに近い位置で仕事ができる郷家を投入したのだと思います。

そして後半30分。その郷家が素晴らしいワンタッチでイニエスタに繋ぎ、それをイニエスタが絶妙なふんわりパスでDFの頭上を越して、最後はジャンピングボレーでドウグラスが叩き込み、待望の先制点が生まれます。監督の機を見た効果的な交代策も素晴らしいですし、イニエスタのアシストでドウグラスが決めるという理想的な展開で得点が生まれたのも、今後に向けて好材料になったと思います。思わず声が漏れてしまうほど美しいパス、そしてシュートでしたね。

先制点を取った後は、神戸がボールを保持して試合をしっかりクローズし、今シーズン初勝利をゲットしました。試合終盤に失点した鳥栖に、もはや跳ね返す力は残っていませんでした。前半から神戸のボール回しでかなり走らされていましたし、後半の序盤以降、自陣にくぎ付けでチャンスらしいチャンスを作れていなかったので仕方ないと思います。神戸としてはじわじわと相手を追い込んで掴んだ、手堅い「ウノ・ゼロ(1-0の勝利)」となりました。

雑感

スペクタクルな試合をして完全なる勝利を収めた、昨シーズンの鳥栖戦のような圧倒的な強さこそありませんでしたが、敵地で自分たちのスタイルを押し通して勝利できたことは、今後に向けて良いきっかけになるのではないでしょうか。少しヒヤッとした場面がありつつも、守備陣はミスなく集中して対処できていましたし、攻撃でもイニエスタが絡んでチャンスになりそうな場面が何度もありました。少し周りとの呼吸が合わずにフラストレーションを溜め込む姿も見られましたが、結果的にはやっぱりイニエスタって感じだったので、今後の試合でも大いに期待できそうです。

コンディションも着実に高まっていますし、ターンオーバーも使いながらチームの底上げをしていければ、タイトル獲得も夢ではない。そう思わせてくれる試合でした。問題はイニエスタがベンチに座っているときにどんなサッカーをするのか。今までとりあえずイニエスタに預けとけば大丈夫だったのが、安心できる休憩所がいなくなったことで、チームがどう変化するのか、とても興味があります。

次節は中2日での大分戦となります。大分は今節、神戸が苦手としている広島に逆転勝利を収めており、チームとしてかなり完成されている印象があります。同じスタイルを志向するチーム同士、どんな展開になるのか。今節の勝利をかみしめながら楽しみに待ちたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です