未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第4節 大分トリニータ対ヴィッセル神戸

こんにちは。銀さんです。今回はアウェイ大分戦のプレビューをお届けします。2日前に行われましたアウェイ鳥栖戦で待望の今シーズン初勝利を飾った神戸ですが、ファンサポーターの反応は様々で、Twitterのコメントを眺めていても内容を重視している人にとっては納得がいっていないようですね。(笑)確かにカウンターで危ないピンチが何度もありましたし、格下の鳥栖相手に1点しか取れなかったのを物足りなく感じたのかもしれません。しかし再開してまだ2戦目にしては、コンディションは上々だと感じましたし、狙うべきスペースや人をチームで共有できていましたから、判断と実行が明らかに早くなっている印象を受けました。今節の相手は大分です。同じポゼッションサッカーを志向する大分ですが、前々節神戸が苦戦した広島に、大分は前節逆転勝利を収めており、侮れない相手です。単純な戦力比較では大きくリードする神戸ですが、油断せずにしっかりと勝利して、さらに波に乗って行きたいですね。個人的にはポゼッション型のチーム同士の戦いが一番好きなので、どんな駆け引きが見られるのかも楽しみにしています。

予想スタメン

大分は3-6-1 神戸は4-3-3

 

大分の先発は少し読めないところがあります。というのも前節広島戦では、前々節鳥栖戦からメンバーを3人入れ替えて臨んでおり、ターンオーバー気味のチームにも関わらず、神戸が完敗した広島に土をつけているからです。層の厚さを感じさせるチームですし、誰がスタメンで出ても同じ質のサッカーができるという点では、神戸を上回っているとも言えます。そんな大分ですが、おそらく選手の配置は今まで通りの3-6-1で来るものと思われます。DFラインとボランチの2人は不動の存在。前線の面々は少し予想が付きにくいので、鳥栖戦と広島戦からミックスした面々を選びました。

一方のアウェイ神戸の配置は前節鳥栖戦と同じ、4バック+1アンカーで来ると予想しました。広島戦では3バックで臨みましたが完敗してしまい、鳥栖戦で4バックに変更しましたが、上手くハマっていたように映りました。大分戦でもフェルマーレンのコンディション次第にはなりますが、4バックで間違いないでしょう。そして前線では大幅な入れ替えがあるはずです。イニエスタは2戦連続でスタメンを張っていますし、今節はベンチスタートが確実。代わりに入るのが期待の若手・安井です。さらに右WGでスタメンだった小川の代わりに郷家が入ると予想しています。前節は交代早々仕事をしましたし、監督が将来性を買っている選手なので、満を持してスタメンで来るはずです。トップは変わらずドウグラス。ここも不動です。第1節の横浜戦ではトップに藤本が入りましたが、相手が自陣深くで構えたときに試合から消えてしまう傾向があり、大分も同じアプローチを取ってくることを考えても、ドウグラスを先発で使うのではないでしょうか。先制して試合を優位に進められれば、藤本が活躍するチャンスも十分あると思います。

大分のボール保持

DHの列下りと三角形

CBの持ち上がりでウイングを押し込む

 

両チームがこれまで見せて来たオーソドックスな形ではめると、上図のような現象が予想できます。大分はDHの小林、あるいは長谷川がDFラインの下りて4枚の形でビルドアップをするのが定番となっています。後方で繋ぎながらDH、あるいはWBを経由して守備組織の抜け穴を探します。

対する神戸はボ―ル非保持時は4-4-2の陣形になることが多いです。両WGがSHの位置に入り、CHを一列上げる形でプレッシングを行います。すると当然神戸の2トップに対して大分は4枚で数的優位を得ますから、盤面上でいえば易々とファーストラインを突破できることになります。2トップのスライドが間に合わずにCBが持ち運ぶ場面が自ずと多くなりますし、そうなるとWGのところで3対1の数的優位を得ることになります。いわゆる「三角形を作って崩す」という定石の形です。

例えば上図のように右CBが持ち上がってきたときに、左WGの古橋が出ていってしまうと、引きつけてフリーの状態でOH、あるいはWBにボールが入ってしまいます。セカンドラインを突破されると一気に数的不利な状況に陥り、フィニッシュまで持っていかれるリスクも高まります。これは大分が最も狙いたい形になります。

神戸としては一番避けたいシチュエーションなので、しっかり対策をして臨む必要があります。ボールサイドにいるOHをサンペールか山口がタイトにマークに付き、相手WBにもSBをはっきりとマーク番につけてしまうというのも1つの手になります。あるいは手慣れた4-4-2で入ってうまくハマらなかったときは5-4-1、あるいは5-3-1-1のような配置でも問題はないと思います。まさに対大分戦で鳥栖と広島が取った守備戦術がコレです。

両チームとも大分に敗れていますが、5-4-1でしっかりと組んでいるときは、ほとんどチャンスを作られていませんでした。なので神戸も大いに参考にするべきですし、そこは監督の臨機応変な判断に期待したいです。

OH斜めの動き

ビルドアップ時に2シャドーの選手が斜めの動きをするのが大分の過去2戦で見られた形です。シャドーが飛び出したところにそのままCBからロングボールが入ることもありますし、ウイングバックが神戸のWGをピン留めすることでスペースが生まれ、そのままCBが持ち運ぶシーンも多いです。

OH斜めの動き

 

神戸としてはこのサイドに流れるOHに誰が付くのかをはっきりしたいです。しっかりと両SBの西と酒井が流れてくるOHを掴まえることが大切です。マークの受け渡しをしっかり行いたいです。広島戦の終盤の同点ゴールはこのOHの斜めの動きから生まれており、チームとして動く&使うが共有できています。要注意です。

大分の守備ルール

大分の対鳥栖戦・広島戦を観ましたが、2試合とも前線からプレスをかける頻度は少なかったです。ただ奪いに行くときは、前線からタイトな守備で嵌めに来るので注意が必要です。しかしハイプレスへのこだわりはそこまで強くなく、サイドチェンジされたり枚数で劣ると判断したときはミドルゾーン、あるいは自陣深くまで後退して5-4-1の配置になります。

鳥栖・広島共に、ショートパスを繋いで崩していくスタイルのチームではないので、大分は5-4-1で守ることで水漏れを完全に防いでいました。しかし、神戸という今まで対戦してきたチームとは真逆のスタイルで勝負するチームに対して、どのような振る舞いを見せるのかは未知数な部分があります。

とはいえアプローチ的には鳥栖・広島との戦いがベースになってくるはずです。前線からのプレスを要所で伺いながらも、嵌めるのが難しいと感じたら、自陣深くでブロックを組む。そうして体力的な負荷を下げつつ、奪ったらトップの知念に当てて飛び出していく。戦い方としてはシンプルです。

神戸としては、5-4-1でブロックを組む相手をどう崩していくのかがやはり焦点になってきます。横浜戦➡広島戦➡鳥栖戦と、ゴール前にバスを置く相手に対して攻めあぐねる場面が目立ちました。しかし節を追うごとにコンディションを目に見えて上がっていますし、ライン間に顔を出すイニエスタに、シンプルにくさびが入る回数も増えてきました。そこからの崩しのアイディアがもう一声、二声という感じですが、チームは正しい軌道に乗っていると思います。

相手が5-4-1で守るということは、前節の鳥栖戦のように、大﨑とダンクレーの両CBが持ち運ぶ場面というのも多く見られると思います。無理に中央での崩しを意識して引っかかるとカウンターを受けてしまうので、シンプルにロングボールや1対1の突破も織り交ぜながら、とにかくボールを素早く回して消耗を誘う戦い方が現実的になると思います。

勝敗を分けるポイント

今まで神戸が対戦してきた横浜、広島、鳥栖。どの3チームにも当てはまらない戦い方をしてくるのが大分です。GKも使ってビルドアップをしながら押し上げていき、DHの列下りと、OHの斜めの飛び出しでマークのずれを引き起こしながら、サイドで数的優位を作りつつ、WBの突破、あるいはシンプルなクロスから得点を狙うというのが大分の狙いです。

そのビルドアップを遮断してショートカウンターを狙う、という戦い方もおそらくフィンク監督はしてくるはずです。今節ではターンオーバーを本格的に導入することが予想され、守備で穴となっていたイニエスタがフレッシュな安井になることで、ハイプレスがより鋭利になります。もちろんイニエスタはそれで良いんです。攻撃で仕事をしてくれれば、それで良いんです(笑)

例えば、奪う場所を奪取能力に長けたサンペールのところに設定するとします。

中央に誘導してサンぺールで引っ掛ける

 

まずドウグラスがCB間のパスコースを遮断して神戸の右サイドに誘導をします。その後、山口がCBに猛然とアプローチをかけてWBにボールを入れさせます。山口がCBに猛然とアプローチをかけるのは広島戦、鳥栖戦ともに見られた形です。相手はかなり圧を感じますし、ここで確率の低いロングボールを蹴らせることも可能です。そしてWGに入った郷家がWBに外から素早くアプローチをかけてボールを中へと誘導し、OHに入って来たボールをサンペールがカットするという形です。

もちろんこれは一例にすぎませんが、しっかりと誘導➡奪取という狙いをハイラインで実行するだけの条件が今節は揃っていると僕は思います。郷家は運動量豊富に動けますし、安井もテクニックだけではなく、最低限の守備の約束事を守ってプレーすることが出来ます。何より無尽蔵のスタミナと「日本一」と言っても過言ではないボール奪取能力を持つ山口という選手の存在がかなり大きいです。ターンオーバーでフレッシュな面々を使えるので自ずと守備の強度は上がりますし、相手のペースを奪う意味でも実行したいところです。

ただ湿度・天候・疲労に左右される戦い方でもあるので、そのときの状況を見極めつつ、チーム全体でタイミングを共有しながら使っていきたいですね。

後は先述した通り、相手を押し込んだときの振る舞いです。相手は当然「神戸がコンパクトに守られると弱い」というのを熟知していると思います。5-4-1でスペースを消してくるので中央にもサイドにもスペースを作り出すのは容易ではありません。しかし、もちろん狙いどころはあります。それはOHが空けるスペースです。

大分は5-4-1の中盤の4のラインの中央に入っているDHの2人が積極的にボールホルダーにアプローチをかけます。すると当然瞬間的にDHが空けたスペースが空くので、そのスペースを有効的に使えれば、ロングシュートを撃ったりCBを引き出したり、いろんなことができるようになります。大分は自陣にこもったときは、中盤の4人はスペースを守るというよりは、積極的に人にプレッシャーをかける守備の仕方をしてきます。

ライン間を使う

 

そうなるとライン間と呼ばれる5-4の間のスペースが空き、そこにボールが入れば安井なんかは、十分仕事をすることが出来ます。なので横のボール回しで揺さぶりをかけながら、相手がアプローチをかけてきたタイミングで、縦パスを入れることを心掛けていきたいです。イニエスタがいなくなったことで、これまで苦労してきた5-4ブロックにさらに苦労することが予想されますが、焦れずにボールを握っていれば必ずチャンスが来るはずです。

もし打開策が見出せなかったら、あえて相手にボールを渡して、非保持からリズムを作る戦い方もアリだと思います。ボール保持にこだわるよりもミドルゾーン、あるいはディフェンシブゾーンで奪ってからのカウンタ―で古橋・ドウグラス・郷家の3トップのスピードをいかんなく発揮してもらう方が、案外ゴールを陥れるのは簡単かもしれません。(僕は密かにMSN、BCCみたいな名称が付くほどのトリオになることを期待しています)いずれにしろ、監督がどんな選択をしてこの一戦に臨むのか、非常に楽しみです。

展望

ここで神戸から見た対大分との対戦成績を振り返りましょう。

過去対戦成績:5勝4分7敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(大分ホームゲーム):1勝2分5敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

直近の試合は1-1の引き分けで終わっていますが、通算では大分に負け越している神戸。特にアウェイ戦では1勝しか挙げられておらず、まさに鬼門です。明日の試合でもかなりの苦戦が予想されます。お互いボールを保持するチーム同士の戦いということで、いかに長くボールを保持して相手を走らせるか、そして如何に相手のビルドアップを遮断して早くフィニッシュまで持ち込めるか、というところが焦点になってくると思います。

今節では攻撃の全権を握っていたイニエスタが欠場することが予想されますので、ドウグラスがさらに孤立気味になることも予想されます。しかしその代わりに、守備の強度という面ではかなり上がっているとは思うので、上手くハイプレスを織り交ぜつつ、過密日程なので、はっきりと自陣に引きこもる時間帯も必要になってくると思います。

個人的に期待したいのは古橋。再開後まだエンジンがかかり切っていない状態に見えるので、チームを勝利に導くゴールを決めて皆を笑顔にして欲しいと思います。Vamos!Kobe!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です