未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第5節 ヴィッセル神戸対清水エスパルス

こんにちは。銀さんです。雨続きで何処となく気分が晴れず、身体も心なしかズシリと重い今日この頃。前節の大分戦から1週間空けて、明日はホームに清水を迎えることになります。前節から少しずつ観客がスタジアムに戻り始めていますが、神戸は今節が久しぶりのお客さんが入った状態での試合となります。相手は清水エスパルス。清水といえば昨年の天皇杯準決勝で戦い、見事に勝利した試合の記憶が呼び起こされます。また、一昨年のアウェイ戦ではいろいろ前代未聞の事態が起こるなど、因縁めいた関係でもあります。(笑)それはいいとして、神戸は4節が終了して未だに勝ち点が4。優勝を掲げるチームにしては何とも寂しい数字になっています。しかし、ここへ来てフィンク監督はどこか達観した選手起用をしており、チーム力の底上げと結果を同時に掴もうとする勇敢な采配も見えます。変化には痛みが付き物ですが、多少の痛みに目を瞑るのか、それとも結果を重視した起用を続けるのか。監督の選手起用や采配も気になってくるところです。

予想スタメン

神戸は4-3-3(逆三角形) 清水は4-3-3(三角形)

 

前節の大分戦はターンオーバーを思いっきり使い、外国籍の面々をドウグラス以外、完全に休ませることができました。よって今節はベストに近い布陣を組むことが可能になります。久しぶりのお客さんが入った公式戦ということで、本気のメンバーを組んでくるはずです。右WGにはいくつかの選択肢がありますが、僕は郷家を推したいです。鳥栖戦、大分戦ともに昨シーズンからの成長を感じさせるプレーを見せてくれましたし、小川や田中にはない武器を持っています。さらに、前節途中からボランチに入った佐々木は堂々のプレーぶりで存在感を見せてくれたので、サンペールに代えての途中投入、もしくは先発の機会が巡ってくる可能性も十分あると思います。

対する清水の予想スタメンはG大阪戦をベースに、右SBを岡崎からエウシーニョに変えました。理由は特にないです。(笑)川崎での印象が強い選手なので、清水での立ち位置がどうかは分かりませんが、何となくスタメンで来るだろうと予想しました。そしてCFには、昨年の天皇杯準決勝で神戸相手に得点を決めたドゥトラを入れました。相性の良さです。配置は神戸と同じ4-3-3ですが、中盤が三角形になっています。前々節のC大阪戦でも同じ配置でした。

清水のボール保持

まずは清水のボール保持時の振る舞いに着目したいと思います。ボールを保持しながら前進していく「組織的攻撃」。ボールを奪ってからの速攻でゴールを陥れる「カウンターアタック」。この2つの局面においての清水の形を見ていきます。前回のプレビューとはまた違う形式ですが、自分でもまだ探りながらやっている状態なので、お許し願いたいと思います。(笑)

組織的攻撃

清水は今シーズンから監督が代わって、ボールを保持しながら前進していくスタイルへの転換を図っています。再開初戦の名古屋戦➡C大阪戦➡G大阪戦のどれを見ても、プレッシャーを受けても簡単に蹴らずに、GKから丁寧にビルドアップしていこうとする姿勢が強く押し出されていました。ビルドアップの特徴としては両SBがボランチの位置に入る、いわゆる「偽SB」と呼ばれる戦術をメインとして運用しています。

偽SBで中盤に厚みを持たせる

 

SBが中盤に入ってビルドアップに関わることで、数的優位を得ながら前進することが可能になります。さらに、中に人を集めることで相手側も中に人数を集めざるを得なくなりますから、そうして中央に人を密集させて、左サイドで幅を取っているSBに展開して、クロスからの得点を狙う、というのが清水の攻撃の形になります。また、相手の守備のファーストラインの枚数によって後方のビルドアップの人数を調整するフレキシブルさも持ち合わせています。相手が2トップなら上図のようにボランチが下がって3枚に、相手がワントップのときはCB2枚のままで、ボランチの2人がライン間で待つこともできます。相手の陣形を見ながらビルドアップの形を変えて、常に数的優位の状況を保ちたいという狙いが見えます。

左SBも相手の右WGと右SBの間に上手くポジションを取ります。左SBまでボールが渡ると、後は対面する相手右SBだけとなり、左WGと2対1の状況を作ることが出来ます。また、フリーの状態でクロスを上げさせてしまうと、精度の高いクロスが入ってきます。さらに中の人数も4人、5人となだれ込んできますので、まずは相手にサイドで数的優位を作らせないこと、そしてマークの受け渡しをしっかりすること、ゴール前で身体を張ること。クロスに至るまでの過程も含めて、クロス対応がポイントになっていきそうです。

清水のボール非保持

組織的プレッシング➡カウンター

清水のボール非保持時の配置は4-4-1-1のような形に変形します。再開初戦の名古屋戦、C大阪戦、G大阪戦と3戦連続でこの形を採用していました。4-3-3の中盤の三角形の頂点に入ったトップ下が相手のボランチにピッタリ張り付き、CFがボールを片方のサイドに誘導する役割を担います。プレスラインの高さはそれほど高くなく、相手ゴール前まで人を配置してプレッシングを行う、ということはほぼやりません。基本的にはミドルゾーンで構えて相手の侵入を待つという形です。

清水の組織的プレッシング(相手のビルドアップが後方2枚のとき)

 

相手が後方2枚のときはトップの選手がどちらかのサイドに誘導し、SHに入った選手が相手SBに対して縦へのパスコースを切るように寄せて、中に出したところで引っかけてカウンターを狙います。名古屋戦、C大阪戦、G大阪戦と観させてもらいましたが、しっかりとチームで狙いどころが共有できている風に見受けられました。実際に名古屋戦では相手ボランチのところで、鈴木と金子の2枚で引っかけてカウンターを繰り出し、得点にまで繋がっています。しっかり狙うべきところを定めて、ここぞというときにギアを上げて一気にプレッシングを行えているように映りました。

もちろん抜くときは抜いて自陣まで後退する時間帯もありますが、チームが良い時は全体をコンパクトにしてライン間を消しつつ、相手に苦し紛れのロングボールを蹴らせてセカンドボールを回収したり、中盤で引っかけて素早いカウンターから決定機を作り出すことができていました。しかし、悪いときは選手間の距離が遠くなってしまい、ライン間を使われてゴール前まで運ばれるシーンも多々ありました。今の清水は「過渡期のとても不安定なチーム」と言えると思います。強力なタレントがいて、さらに魅力あるサッカーを志向してはいますが、少し我慢の時期が続いている状態です。

展望

ここで神戸側から見た、対清水の過去の対戦成績を見ていきましょう。

過去対戦成績:16勝5分28敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(神戸ホームゲーム):9勝2分15敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

意外ですが、神戸は清水を苦手としていることが分かりますね。天皇杯準決勝前の去年のリーグ戦アウェイも1-2で落としています。ホームでも清水相手には負け越している戦績になっています。しかし、直近の試合で勝利を収めたように、決して手の届かない相手ではありません。

名古屋戦、C大阪戦、G大阪戦と観させてもらいましたが、まだ完全に組織として機能していない印象を受けました。攻撃面では丁寧なビルドアップで前進していき、中央に人を集めてサイドに展開し、クロスにしっかりと人数をかけて攻め切ろうとするアグレッシブな姿勢が見え、個人的にはかなり好感を持てました。「観ていて面白いサッカー」をしていると思います。

半面、守備になるとあまり積極的な姿勢を見ることが出来ませんでした。もちろん時間帯によっては「誘導➡奪取」の部分で狙いがはっきりと出ていましたが、時間が進むにつれて陣形が間延びし、ライン間を使われる場面が出てきていました。個人のアプローチの強度を見てもそこまでのモノは出ていませんし、ボールに何が何でも食らいつく、という怖さは感じられない場面がほとんどだった気がします。おそらく新体制の清水は守備の約束事はほどほどに、奪ってからのカウンター、そしてボールを保持しながら崩していくというところに重きを置いているような感じがしました。

前線にはタレントがひしめきあっていますし、左SBの奥井、そして右SBのエウシーニョは川崎でも見せていたように、かなり攻撃力のあるSBです。したがって、メンバーの個性を引き出すための合理的な判断なのかもしれませんね。いずれにしろ、今までの清水とは一味違う「攻めまくる清水」が明日は見られるに違いありません。スタイル的にも神戸とは似たタイプのチームですし、ピッチ内外でどのような駆け引きが見られるのか、楽しみで仕方がないです。

神戸としては恒例ですが、ライン間でイニエスタや郷家が上手く縦パスを引き出すことができれば、試合を優位に進めることが出来ると思います。密集したゾーンでのパス回しを恐れずに行い、サイドで待つ古橋や酒井にボールを預けて、一気に局面を打開していく流れは鉄板です。個人的に注目しているのはやはり郷家。前節初めてスタメンを飾りましたが、彼は順調に階段を上がっていると思います。一時期は全く試合に出れずに悔しい時期もあったと思いますが、不遇の時代を耐え忍び、一回り成長した姿を見せてくれています。

特にライン間でのボールを引き出すタイミングだったり、落ち着きだったり。前を向いたときの怖さも出て来たように思います。明日は当然イニエスタにマークが集中すると思うので、その恩恵を受けつつ、伸び伸びとプレーしてほしいですね。後は前節才能の片鱗を見せた佐々木の出場にも期待。Vamos!kobe!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です