未分類

【マッチレビュー】明治安田生命J1リーグ 第5節 ヴィッセル神戸対清水エスパルス

こんにちは。銀さんです。さて、1週間ぶりのリーグ戦の相手は清水エスパルスです。久しぶりの観客を入れたホーム・ノエスタでの試合になります。過去の戦績では苦手としている清水ですが、昨年の天皇杯準決勝ではホームで3-1と勝利しており、ホームでの相性は悪くありません。お互いポゼッションを信条とするチーム同士の戦いということで、個人的にも楽しみな一戦です。

スタメン

神戸は4-3-3 清水は4-3-3

 

戦前の予想通り、お互いにポゼッション優位の4-3-3でスタートしました。唯一異なるのは中盤の形。神戸が逆三角形なのに対して、清水は三角形になっています。神戸は左CBに渡部が入ります。ダンクレーが外れましたが、大事ではないことを祈りたいです。相変わらずCBのフェルマーレンはベンチ外。何の情報もないのが心配です。そしてお馴染みの中盤にお馴染みの前線というお馴染みの構成で挑みます。

対する清水は予想通り、右SBにエウシーニョを初先発起用してきました。川崎での活躍を存分に知っていますし、深さを取れるだけではなく、強烈な左足のミドルシュートも撃てるという万能型です。そしてCFにはタイ代表のティーラシンが入ります。トップ下に入った後藤が務めることもありますが、よりパワーがあって収まりが良い、ということでチョイスしたと思われます。

前半

カウンターのぶつかり合い

戦前の予想通り、お互いにボールを保持する姿勢を見せます。しかし意外にもポイントとなったのは、トランジションの部分でした。ボールを保持しながら崩すことはもちろん容易ではありません。そこである程度ボールを動かしながらも、プレッシャーを感じたらロングボールを蹴り、非保持からプレッシングで狙い通りに嵌めてカウンターを繰り出す、という狙いが出ていました。特に色濃く出ていたのは清水の方でしょうか。奪ってからの縦に早い攻撃で、前半序盤に何度か惜しいチャンスを作ります。

清水の守備の形は4-1-4-1とも4-4-2ともとれる配置。実は守備時も神戸と同じ配置になります。トップの2人あるいは1人が制限をかけてサイドに追い込んだところで奪います。配置の特性上、トップと相手の2CBの数的不利を受け入れることで、完全にマークが嵌った状態を作り出すことが出来ます。

マークがカッチリ嵌る清水の守備時の配置

 

前半の神戸はこの配置に少し苦しんだ印象です。なかなかパスの抜け道を探せずにバックパスを選択したり、ロングボールを蹴らされてドウグラスのところに収まらずに失う場面が何度もありました。前半はトランジションでリズムを作ろうとする清水の狙い通りに事が運んだ、と言えると思います。特に開始直後は立て続けにチャンスを作られましたし、神戸の面々も、予想外のハイプレスに戸惑っているようでした。滝のように選手がなだれ込んでくる清水のカウンターには迫力がありました。しかし決定機と呼べるピンチは迎えていません。神戸が相手のプレッシングに順応することで、ハイプレスを回避していきます。

相手のハイプレスをかいくぐる、あるいは、相手のハイプレスの勢いをそぐきっかけとなったのはやはりサンペール、そして今節スタメンに抜擢された渡部です。ボランチに入ったサンペールがCBの間に下りることで3対2の状況が生まれます。これはGKの飯倉が参加したときも同じ現象が起きます。清水がCFとOHの2枚で来たときは3枚で、CFだけで制限をかけてきたときはCBの2枚だけで。相手の出方に応じて枚数を変えていました。下りるタイミングも流石バルサ育ちのサンペールという感じで、常に機会を伺いつつ、的確なタイミングで列を下ります。長短のパスも正確でターンも上手いので、奪われる気配がありません。あまり目立つプレーはなかったですが、彼の存在は前進していく上で欠かせないものになっています。

CHの山口がDHの位置に下りて4対2の状況に

 

神戸の準備してきた形として、相手が2枚で嵌めに来た時はサンペールがCB間に下り、さらにライン間でボールを引き出すために山口、あるいはイニエスタが下りて4対2の状況を作り出すということです。相手の2トップの間から、あるいは外からライン間で待つ山口へボールが入るようになると、清水は下がらざるを得なくなります。

ならばとCFのティーラトン1人で制限をかけようとしますが、今度はCBの渡部が数的優位を活かして持ち運ぶことで、右SHの位置に入っていた金子をつり出すシーンなんかも出てきて、まさに「配置で殴る神戸」と「殴られるしかない清水」という構図になってきます。清水としては前半の序盤こそ準備してきた「誘導➡奪取」でチャンスが作れていましたが、相手のビルドアップの変更に、早々とついていけなくなってしまいました。それでも前半は神戸のミスにも助けられて事なきを得ていましたが、前節までの試合のように、相手の変更に対応できずにズルズルと下がった結果、押し込まれてしまうという流れになってしまっていました。

配置の穴となるゾーンを活かす渡部の持ち上がり

 

4-4-2という配置は前線の2人が剥がされると、SHに入ったプレーヤーがつられて数的不利のいわゆる「三角形」を作られてしまいます。この現象が何度か起きていました。本来サイドで張る選手(左SBまたは下りて来た左WG)にマークをするのは右SHの金子の役目なのですが、左CBにつられてしまっています。前半17分15秒付近のシーンでは、左CBの渡部に対して右SHの金子が寄せていますが、後ろが連動できていないため、左SBの酒井が完全にドフリーの状態になっています。(少し見切れて分かりにくいですが)

チームとしてハイプレスを仕掛けて奪いに行くときに、SBへのパスコースを切りながらSHがCBに出て行き、SBがSBに、WGにはCBが付いて…という感じでスライドしてマークにつく形は定石ではありますが、後ろが付いていけてない、あるいは付いていくことが出来ないと一気にピンチに陥ります。監督としては目を瞑った采配だと思います。右SBのエウシーニョが攻撃に全エネルギーを投下していたため、守備でサボっている風にも見えました。(笑)

もちろん渡部の状況判断も素晴らしいです。元々球出しが上手い選手ではありますが、ドリブルで持ち運んで敵を引きつけることで周りをフリーにするようなプレーもレパートリーになってきて、さらに頼もしいCBになってきた感じがしました。

後半

清水の選手交代

前半から金子の運動量を削りに削っていた懸案の右サイド。後半になっても金子1人でCBとSBを見るような状況は変わらず。さらにエウシーニョのおざなりな守備からピンチを招いたこともあって、守備のてこ入れをするために、攻撃で怖さを発揮していたエウシーニョに代えて岡崎を投入します。正直、2点ビハインドでの交代は遅すぎます。前半でエウシーニョが守備で穴になっていることは明らかだったので、前半で代えても良かったかもしれません。タラレバですが。まあエウシーニョの攻撃性能はやっぱり魅力ですし、残したいという指揮官の気持も分かります。

岡崎が入ったことで遅まきながら、右サイドの守備が安定し始めます。岡崎は左WGの古橋を徹底的にマンマークするという仕事を授かり、マークが明確化したことで金子の後方への憂いがなくなりました。金子が左SBの酒井をマークし、左CBの渡部に対してCFのティーラシンが真ん中のコースを切りながら寄せれば、完全に嵌った状態を作りだすことが出来ます。

選手交代によるマークの明確化

 

つまり、再び試合序盤と同じように嵌った状態が生まれることになります。しかし交代をした直後に神戸は、てこ入れをした清水の右サイドをイニエスタと酒井の連携で破り、最後は古橋が落ち着いて決めて3点差とします。ボールを保持できるチームが3点決めてしまえば、大勢は決したと言えます。

清水としては、ハイプレスが前半序盤以外上手くいっていなかったこともあって、なおのこと厳しい状況に追い込まれますが、しかし交代でもう一つ流れを変える采配を見せます。CFのティーラシンに代えて鈴木、さらに消耗が激しかった金子に代えて西澤を投入し、さらに配置を変更して、ハイプレス時の4-1-4-1のような形から明確な4-4-2に変更します。

配置の変化はないですが、プレスのかけ方を少し変えます。相手CB2枚に対してトップの2枚で寄せ、SBとWGに対してもそれぞれ、SHとSBがマークに付くことで、配置通りにパスコースを遮断することが出来るようになりました。

再びマークが嵌る清水

 

4-4-2にすることでサンペールが浮きますが、CFのどちらかがサンペールのコースを切りながらCBに寄せることで、ハマった状態を作りだすことが出来ていました。少し遅い気もする仕掛けですが、これが功を奏して清水が1点を返します。酒井がミスをしたことも失点の直接の原因にはなっていますが、その裏には清水の配置の変更が神戸を「慣れから引き剥がした」と捉えることも出来ると思います。

このまま押せ押せムードになるかとも思いましたが、前半と全く同じで、サンペールの気の利いたポジショニング、そして渡部の精度の高い球出しなどで難なくプレッシングを回避。そのまま試合をクローズした神戸が3-1で勝利を収めました。清水はボールを保持しながらもチャンスらしいチャンスを作れず。前半序盤の集中攻撃を繰り出していた時間帯に先制点が決まっていれば、また違った展開になっていたかもしれません。

雑感

リーグ戦で勝てていない清水を相手に勝利できたのはかなり大きいですね。さらに今節は久しぶりの有人でのホーム公式戦というのもあって、ここから再スタート、という意味でも勝ち点3が欲しい試合でしたが、見事に期待通りの結果をもたらしてくれました。期待していた若手の起用こそなかったものの、渡部のプレーぶりには感動を覚えましたし、サンペールの存在がビルドアップに欠かせないことを改めて痛感しました。山口も的確なポジショニングとタックルで清水の攻撃の芽を摘み、ビルドアップの助けにもなったりとチームを動かす歯車として欠かせない選手です。そして何と言っても古橋。

彼の成長には目を見張るものがあります。決定力はさび付いておらず、むしろ凄みを増した気さえします。攻撃面はもちろん守備面でも古橋の存在感は絶大です。相手SBにしっかりアプローチをかけ、必要とあらば逆サイドまでボールを追う献身的な姿も見せており、攻守でチームに貢献できる唯一無二の選手です。海外挑戦も時間の問題ですね。むしろ早く日本を飛び出して欲しい選手です。

清水としては前線のハイプレスで神戸の動揺を誘い、引っかけてショートカウンターを仕掛けるという守➡攻の切り替えの部分で、かなり準備をしてきたのは分かりました。しかしボール保持の部分で手詰まり感が否めず。4-1-4-1で守る神戸に対して、ライン間を使って前進したシーンは数えるほど。SBに付けるもCBに下げて、サイドを変えるもまた同じように下げて…の繰り返しで、打開策を最後まで見出すことができませんでした。

同時に神戸の守備が優れていた、と言うこともできるはずです。4-1-4-1でブロックを組みながら、中盤の4のラインに入った山口やイニエスタが出て行った穴をサンペールが埋める形でスペースを消し、さらに相手SBにボールが入ったときも、両SHの位置に入った古橋と小川がしっかりとアプローチに行くことで選択肢を狭めていました。少し綻びが生まれる時間帯があったものの、最後まで運動量豊富に集中して守ることができていたのでピンチらしいピンチもなく。今シーズン初めて、安心して試合を観戦することができました。(笑)

前半終了間際の良い時間帯に先制できたのも良かったですし、先制さえすれば「相手を引き出して剥がしていく」という神戸の強みが出せるので理想的な展開と言えます。エースとストライカーの活躍でチームもこれから乗って行けますし、良いムードを保ったまま、次節のアウェイC大阪戦に臨むことができそうです。次節はまたターンオーバーで若手にもチャンスが巡ってくるでしょうから、そこで思う存分アピールしてもらって、チームをさらに上の次元へと押し上げて欲しいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です