未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第6節 セレッソ大阪対ヴィッセル神戸

こんにちは。銀さんです。前節の清水戦はホームで3-1の勝利となり、観客を入れてのホーム戦で久しぶりの勝利となりました。内容結果ともに満足のいくもので、神戸ファンの面々はホッと胸を撫でおろしたことでしょう。さて今節の相手はセレッソ大阪です。5節を消化して4勝1敗の勝ち点12。ロティ―ナ体制2年目となる今季は目指すスタイルが定着し、結果もしっかり付いてきている印象を受けます。明日はJ屈指のボール保持チーム同士のハイレベルな試合になることは間違いありません。

予想スタメン

C大阪は4-4-2 神戸は4-3-3

 

ホームのC大阪は再開してからの4戦でいずれも4-4-2だったので、まず間違いなくこの配置で臨んできます。メンバー選考もそれほど変化はありません。GK含めた守備ラインはお馴染みの面々が並び、ダブルボランチの藤田とデサバトも4戦連続でスタメンを飾っています。藤田はちなみに元神戸の選手で、古巣対決となります。神戸在籍時の清水戦のボレーシュートは鮮烈でした。右SHの坂本は不動ですが、左SHは清武と柿谷がスタメンの座を分け合っており、予想が付きにくいところではありますが、どちらにしろ代表経験のある実力者なので要注意です。2トップは都倉と奥埜のコンビで間違いないと思います。都倉をメンデスにした名古屋戦が唯一の黒星であることを考えても、都倉で間違いないと思います。とはいえ、連戦続きながらスタメンを固定気味で戦っているので、ターンオーバーを組んでくる可能性も無きにしもあらずです。

対するアウェイ神戸は変わらず4-3-3で来ることが予想されます。フェルマーレンの状態次第では3バックの可能性もありますが、監督のインタビュー記事によると、練習に復帰したばかりなので今節は様子を見る可能性が高いとのこと。なので、前節出番のなかったダンクレーと大﨑がコンビを組むと考えられます。中盤から前線は予想が難しいところ。サンペールが大分戦でベンチに座ったことで、意外にもターンオーバー要員であることが判明したわけなんですが、個人的には余程の事態でない限り、スタメンで出てもらった方がチームにとって良いと思います。ですがアウェイ大分戦を参照して、ボランチは山口とさせてもらいます。インテリオールには郷家と安井、そしてトップには藤本が入ると思われます。ドウグラスの可能性もありますが、まだ結果らしい結果を残せていない藤本に期待する意味でも選出させてもらいました。

C大阪のボール保持

C大阪の組織的攻撃

C大阪はボールを保持して試合をコントロールすることを好むチームで、大分や清水同様、神戸と似たスタイルを志向するチームです。エスパニョールやビジャレアルで指導歴があるスぺイン人のロティーナらしいサッカーと言えます。基本的な配置は4-4-2ですが、ボール保持時には中盤より前は流動的な動きを見せます。

サイドの攻防がカギを握る

 

上図のように(情報量が多くてすみません)、大きな特徴としてはボランチの一角に入ったデサバトが少しポジションを上げてトップ下、あるいはインテリオールの位置に入り、藤田のワンボランチのような形を取ります。そして両SBが高い位置を取り、さらに両SHが中に絞ることで中盤を厚くし、中盤に人を集めて、両サイドの攻撃力を活かすというのが狙いです。

右にはドリブラーの坂元がいて、左には攻撃力のあるSB丸橋がいます。なので「中央で作って➡サイド」は理に適っている戦い方と言えるでしょう。SHが中に絞ることで相手SBをつり出し、SBが上がるスペースを作ることができます。サイドアタッカーの中でも、特に右SHの坂元は強烈です。切れ味鋭いドリブルから中へカットインして左足でシュート、あるいは縦に突破して右足でクロスを上げることもでき、DFにとっては的が絞りにくいアタッカーです。

他の形としては、DHの藤田かデサバトがCBの横に下りて後方3枚になるときもありますし、右SBの松田が低い位置を取って後方3枚となる形もあります。基本的には中盤の枚数を多くして数的優位を作りながら、サイドに展開してシンプルにクロスを上げ、中で高さとパワーのある都倉が合わせる、という形が基本形となるでしょう。

神戸としては、相手のビルドアップを阻止するためのハイプレスがどれほど機能するかが肝になるでしょう。相手SH&SBに誰がどうマークするのか。ここら辺が試合のリズムや勝敗を分けるカギになると思います。

相手SBにはWGが、相手SHにはSBがマークに付く形が一番安全ですが、盤面通りにはいきません。SHが中に絞って空けたスペースにSBが走り込んできます。さらに、相手SBがSBとWGの間にポジションを取った場合が厄介です。もしWGを飛ばされて相手SHにパスを出されたら、「相手SH+相手SB 対 味方SB」という1対2の数的優位を作らせてしまうことになります。

なのでまずはマークをはっきりさせることを大前提に、もしWGが相手SBに付くなら6バックになることも覚悟し、もしSBが相手SHに付くなら、「数的同数を受け入れて攻撃的な守備で点を取りに行く」という意味合いになります。しかし相手SHにSBがそのまま付いていってしまうと、SBが元いたスペースを相手に明け渡すことになり、そこを相手SBの松田や丸橋に使われるリスクがあります。したがって一番妥当な線としては、上図の③「ボールサイドのWGがCBをある程度引き込んで寄せていく」というやり方ではないでしょうか。

「引き込んで」というのがポイントで、無鉄砲にCBに寄せてしまうと頭を越されて相手SBにパスを通されてしまいます。なのである程度CBに運ばせてから、CBとSBの距離を近くしたうえで、なおかつSBへのパスコースを切りながら寄せていく形がベストです。このときCHが中へのパスコースを切りながら相手CBに寄せることができれば、SBが相手SHに付いて中に絞る必要もなくなるので、一番リスクが少ない守り方になるはずです。

もちろんこれは相手のビルドアップが後方2枚で、かつ神戸の守備の配置が4-1-4-1のときに起こりうる現象なので、必ずしも起きうる現象ではありません。相手は後方の枚数や中盤のポジショニングを自在に変化させることができるので、その都度こちらも守備体系を変える必要があります。共通して言えるのはマークをはっきり定めること、しっかり受け渡しをするということです。インタビューで都倉が言っていましたが、「将棋やチェスのような」熾烈な陣取り合戦が繰り広げられるはずです。

C大阪のボール非保持

G大阪戦、清水戦、名古屋戦、広島戦と試合を観させてもらいましたが、C大阪はボール保持時だけではなく、非保持でも強さを発揮できるチームです。ハイラインを敷いて守るときも、ミドルゾーンで構えるときも、全体をコンパクトにして隙間を埋めつつ、サイドに追いやってボールを奪取するということがしっかりできている場面が多かったです。

4-4-2で基本に忠実な外切り➡中のボランチで奪う形

 

守備時の配置は基本形ともいえる4-4-2。ライン間をコンパクトに保ちながら、ボールを外へ誘導し、中で奪ってからのカウンタ―へ転じ易い配置でもあります。直近の広島戦ではDHの藤田が前線で引っかけて即座にCFに預け、スペースへ走り込んだ藤田に再度ボールが渡り、冷静に流し込んだ場面がありました。

このように非保持でも決まり事が行き届いているのがC大阪の手ごわいところでもあります。しかし穴がないわけではありません。モデルケースとなるのは唯一の黒星を喫した相手・名古屋です。名古屋は4-4-2のブロックを敷いて守るチームで、いわゆるミラーゲームとなりました。

名古屋はセットプレーで先制し、その後は相手にボールを明け渡す戦い方でブロックを敷き、自陣で引っかけてからのロングカウンターの流れで追加点を挙げ、そのまま逃げ切って2-0で完封勝利を収めています。もちろん点を奪いに行くためには陣形が間延びするのは仕方のないことではありますが、C大阪は「攻➡守の局面」そして「自陣に引いた相手を崩す」というところに弱点があると感じました。

この2つの弱点から導き出されるゲームプランとしては名古屋のように、「先制した後は無理をせずに相手を引き込んで、カウンターで1,2点取って仕留める」という試合運びが理想になるでしょう。リードして相手が攻めざるを得ない状況を作ることで、自ずと前のめりになりますから、相手DFの裏には広大なスペースが広がることになり、そこを藤本や古橋などのスピードスターが突くことができれば得点が生まれます。

後は名古屋戦に限らず、C大阪はブロックを組んで守る相手を苦手にしている傾向があります。これは神戸も同じですが。都倉にシンプルに当てたり、なんとか中央に人を集めようとしたり。意図は伝わってくるのですが、コンパクトな陣形をこじ開けようと中央に集中した結果、相手の陣形も中央寄りになってスクランブル状態になることもしばしば。サイドを有効活用できていないシーンも散見されました。名古屋戦は支配率が70%近くいきながら、ゴールを決めることができませんでした。

やはりC大阪は両サイドがストロングになってくるので、C大阪の非保持時、つまり神戸の保持時で相手SBを自陣に押し込めて消耗させたり、リードして相手が前がかりになったところを、逆にカウンターで仕留めたりすることができれば…勝利を掴めると思います。

神戸としてはいつも通りライン間で上手くボールを引き出しつつ、左サイドから多くのチャンスを作ることができれば、あるいは1点でも先制できれば、試合を優位に進めることができるはずです。神戸は前節の清水戦で4-4-2で守る相手を粉砕しており、良いイメージを持って臨めると思います。ただ、イニエスタという崩しと組み立ての切り札がいないと考えると、相手にボールを握られる展開も十分予想できます。清水戦同様、やはり「非保持時➡カウンター」の質が勝敗を分けるのではないでしょうか。

展望

ここで神戸から見た、対C大阪の過去の対戦成績を見てみましょう。

過去対戦成績:13勝5分15敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(C大阪ホームゲーム):6勝1分10敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

通算の対戦成績では五分の結果となっています。直近の試合ではホームで戦い、古橋のゴールで1-0で勝利しています。お互い勝ったり負けたりで戦力的にも五分五分を演じて来た関係と言っていいでしょう。苦手意識というのも特になく、思う存分やりたいサッカーを披露してくれるのではないでしょうか。

勝敗を分けるポイントになるのが、前述したようにサイドの攻防です。相手の配置が4-4-2だった場合、実質サイドアタッカーが2人になります。そして対する神戸の配置が4-3-3だった場合、やっぱりSBとWGの2人で、お互いに2対2の状況が生まれます。さらにお互いサイドから崩す形が多く、サイドで主導権を握れたチームが勝ちに近づくのは間違いありません。

両チームに言えることですが、中に絞ったWG、またはSHに誰がついていくのか。WGがSBにどこまでも付いていくのか、誰かに受け渡すのか。神戸の振る舞いとして考えられるのは両WGがCBとSBの中間ポジションを取る対応です。ようはどっちも行ける状態です。これなら頭を越されてもプレスバックでSBにすぐ寄せることが出来ますし、さらにCHが中へのパスコースを切りながらCBに寄せれば、後ろのSBも安心して自分のポジションを守ることが出来ます。お互いにどんなマークの形態で対応をするのか、ぜひ注目して観て欲しいポイントになります。

神戸は5節が終了して勝ち点が8。横浜戦、広島戦と良いか悪いかで言ったら間違いなく悪いスタートでしたが、ここへ来てコンディションが上がって結果も付いてくるようになりましたし、サンペールの華麗なターンやイニエスタのスルーパス、そして若手の台頭などを見ても、チームとしての勢いが着実に出てきていると思います。しかし今節では頼りになるイニエスタやサンペールがベンチ外になる可能性があり、やはりクオリティダウンは否めません。

しかしタイトルを獲得するためには控えの選手の活躍が必要不可欠。大分戦で良い動きを見せた郷家、小田、佐々木あたりはスタメンのチャンスを与えても面白いのではないかと思います。監督がどのような布陣で挑むかは分かりませんが、どんな布陣でもどの道、C大阪のような強豪チームに勝てないようではタイトルなど夢のまた夢。浮上のきっかけとするためにも、勇敢に、しぶとく、ハードに戦って欲しいと思います。Vamos!kobe!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です