未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第7節 ヴィッセル神戸対ガンバ大阪

こんにちは。銀さんです。中3日での3連戦。最後の相手はガンバ大阪です。ガンバ大阪は6節が終了して4勝1分1敗の勝ち点13で、FC東京と並んで3位につけています。神戸は2戦続けて上位陣との戦いとなります。神戸の前節は対C大阪戦で、アウェイで0-0の引き分けに終わっています。しかし非常に中身の濃いゲームで、Jリーグの進化を物語るようなスペクタクルな試合でした。今節はホーム戦とはいえ、過密日程を考慮して恐らく両チームともにターンオーバーを組んでくることが予想されます。層の厚さを示してかつ上位浮上へのきっかけとするためにもぜひ勝利を掴んで欲しい一戦です。

予想スタメン

神戸は3-5-2 G大阪は3-5-2

 

神戸は前節と同じ3-5-2の配置で来ると予想しました。後方の3枚は前節良かった菊池をそのままに、ダンクレーが久しぶりにスタメンに食い込んでくるのではと予想しました。最近の試合ではベンチにも入っていないようなので、何かしらの問題を抱えているのかもしれませんが…。中盤より前は配置も含めて予想がしづらいところです。しかし出ずっぱりのイニエスタとサンペール、ドウグラス辺りはここで休ませるのではないでしょうか。代わりに入るのが安井と郷家、そして藤本です。もちろん山口と古橋、そして左WBの酒井は不動です。古橋はC大阪戦でも相変わらずのキレを披露してくれましたし、連戦で疲労が溜まっているとは思いますが、チームを救う働きを期待したいと思います。

対するアウェイのG大阪はメンバーをほとんど入れ替えずにここまで来ました。予想される配置は3-5-2。しかし清水戦のように、3バックと発表しておいて試合が始まったら実は4バック、なんてこともあり得るので、宮本ガンバのスタメンはあまり当てになりません。(笑)DFラインには代表歴のある三浦、中盤アンカーにこれまた代表歴のある井手口や倉田、藤春が入りそうです。そして2トップはお馴染みの宇佐美とアデミウソンというベストメンバーで臨んでくるはずです。

G大阪のボール保持

G大阪のボール保持時の配置は少し変則的です。スタメンの配置は3-5-2という風になっていますが、DFラインからビルドアップをしていくときにはまず、右CBが右SBのような振る舞いを見せます。内側のレーンに入ったときは右WBの選手が大外で待ち、大外のレーンで待つときは右WBの選手はインテリオールの位置に入って角度を作るか、そのまま大外のレーンに2人がいる状態を作り、相手SBとSHをピン留めして、CBから中へのパスコースを作ることもあります。さらにはドリブルで運んで突破を試みたり、持ち運んで相手の左SHや左WGの選手を引き出したり、右CBの仕事とは思えないほど攻撃的に振る舞うのが特徴です。

これは大分の3バックもそうでしたし、海外でいうとイタリアのアタランタやプレミアリーグのシェフィールドUなども、3バックの一角が攻め上がるようなサッカーを展開して結果を残していますよね。ただG大阪の場合は、右CBの高尾が攻め上がることはあっても、左CBのヨングォンは攻め上がりません。あくまで右CHに井手口という守備力のあるインテリオールがいて、いつでもカバーに入ることが出来る右サイド限定、ということなんでしょうね。

右CBが積極的な攻撃参加を見せる

 

反対の左サイドでは左CHか左WBの選手が幅を取る役目を担うことが多いです。左CHの選手が左SBの位置にまで下がってCBからのパスを引き出したり、WBがWGのような位置まで上がって待つこともあります。かなりポジションバランスを崩しながら前進していくタイプのチームといえます。相手としてはマークの受け渡しなどで困難を被るわけなんですが、しかし反面、ネガティブトランジションに大きな問題を抱えることにも繋がっています。

名古屋戦、清水戦、大分戦、広島戦と観させてもらいましたが、ポジションバランスが崩れた状態で奪われたときに、カウンターを受けてシュートまで持ち込まれる場面が多かった印象です。再開してからのスタッツを見ても、被チャンス構築率と被シュート率がそれぞれリーグワースト5位・3位という順位にそぐわない数字になっており(Football LAB参照)、攻から守への切り替えの局面に課題を抱えています。

ですが何だかんだで結果は出ており、監督もある程度チャンスを作られるのはしょうがないと腹をくくっている部分もあると思います。相手よりも多く点を獲って勝てばいい、という考えが根底にあるような気がしています。とはいえ、対する神戸は得点ランクトップの古橋がおり、チャンス構築率がリーグで2位、そして1試合の平均シュート本数もリーグ5位と、攻撃力はリーグ屈指のものがあります。そんな相手に対しても攻撃的なメンバーや配置で来るのかは、非常に興味深いポイントになるでしょう。

G大阪のボール非保持

G大阪のボール非保持時の配置は4-4-2、あるいは5-3-2となっています。ミドルゾーンより前からプレッシングを行う時には4-4-2で攻めの可能性も残しつつ、自陣まで押し込まれたときは5-3-2にして、後方を厚くしてサイドからの攻めをけん制しようという狙いだと思われます。5-3-2の配置で穴となるのは中盤の3枚の脇のスペースです。

神戸が狙うべき相手CHの脇のスペース

 

ここのスペースで神戸のCH、あるいはCFが受けることができれば、相手CBをつり出すこともできますし、そのスペースに古橋や藤本が走りこむことで決定機を作ることもできます。しかしG大阪の守備組織は整っていて、遅効でそう易々と突破させてくれる気配はありません。ボールサイドに素早くスライドをすることで、弱点となるCHの脇のスペースをすぐさま消してきます。過去4試合を見ていても、構えた状態から崩されて脇のスペースを突かれて決定機作られるシーンはなかったように思います。

さらにG大阪はハイプレスも積極的に仕掛けてくるチームです。トップに入る2枚がボランチへのパスコースをしっかりと切りながらサイドに誘導し、ボールサイドのSH・SB・CHも連動して、タイトなマークでインターセプトを狙ってくるチームです。しかしそこまでコンパクトに嵌めに来るという印象はありませんでした。清水戦、大分戦のようにハイプレスが効果的に機能せずに、ボールを保持されて攻め込まれる時間帯もありましたし、攻撃的な布陣を組んでいるだけに守備の強度という面では物足りないと思います。

なので神戸としてはいつも通り、後方から数的優位を作ってビルドアップをしていけば、ファーストラインは案外易々と突破できますし、そこから前進していくことにもさほど苦労はしない気がしています。前線から嵌めに行くときのG大阪もそこまで陣形がコンパクトになっているわけではないので、ライン間には結構スペースがありますし、そこをCHやCFが上手く使いながら前進していけばチャンスはたくさん作れるはずです。

展望

最後に神戸からみた対G大阪の過去の対戦成績を見てみましょう。

過去対戦成績:15勝12分24敗(ルヴァンカップ含む)
過去対戦成績(神戸ホームゲーム):7勝6分12敗(ルヴァンカップ含む)
参照:Football LAB

通算の対戦成績ではG大阪を苦手としている神戸。直近の対戦は2-2の引き分け。2点を先行されながらもイニエスタのPKと増山のヘッドで同点に追いついた試合です。イニエスタがPKを止められた後にトラップして左足で叩き込んだシーンが印象的な試合です。以前にも4-3の打ち合いを演じるなど、得点が多く入るのが神戸対G大阪です。

次節もおそらくはロースコアの展開にはならないと思います。G大阪の厚みのある攻撃はやっぱり破壊力抜群ですし、宇佐美とアデミウソンの2トップはJ屈指の決定力を誇ります。とはいえ先述の通り、前線の守備の強度はそこまで高くありません。中盤の守備力の欠如も井手口1人で何とか担保しているような状態で、いつも通りプレーできればビルドアップで苦労することはないように思います。

カギとなるのはやはり相手の「攻➡守」の局面を積極的に狙うこと。ハイプレスで引っかけるのが一番ですが、ミドルソーンで奪っても相手のポジションバランスが崩れた状態であれば、前線のスピードを活かしてチャンスを作ることは十分可能です。神戸は前節のC大阪戦で、カウンターのチャンスがありながら周りの攻め上がりが遅いためにトーンダウンしてしまうシーンが散見されたので、前方にスペースがあるときは、チームとして「奪ったら縦に早く」を意識してほしいところです。

選手起用においても、出来ればサンペールとドウグラスあたりは出してほしいのが本音です。特にサンペールの気の利いたポジショニングや散らしの上手さは、今の神戸には欠かせないピースになっています。上位陣との戦いなのでイニエスタはともかく、サンペールは強行気味でも出て欲しいですね。CBの菊池は前節のC大阪戦でMOM級の活躍を見せてくれましたので、次節も起用される可能性が高いと思います。彼のファイティングスピリッツはこれまでのチームにはなかった要素なので、セルヒオ・ラモスのような闘争心でチームを引っ張る存在になって欲しいですね。Vamos kobe!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です