未分類

【マッチレビュー】明治安田生命J1リーグ 第7節 ヴィッセル神戸対ガンバ大阪

こんにちは。銀さんです。雨続きで嫌になりますね。(笑)関東はここ3週間ずっと雨です。(泣)さて今節の相手は3位のガンバ大阪です。前節のセレッソ大阪に引き続いて、関西対決&上位陣との直接対決となります。神戸の目標はもちろん優勝。それを達成するには強豪と呼ばれるチームにも勝たねばなりません。中3日での3連戦最後の試合。大幅なターンオーバーも予想される今節で、上位陣相手にどんなサッカーを見せてくれるのか、楽しみです。勝って上位浮上の足掛かりになれば最高ですね。

スタメン

神戸は4-3-3 G大阪は3-5-2

 

まずは神戸のDFラインにサプライズが。CBのフェルマーレンがついに復帰し、大﨑とコンビを組みます。再開してから初の公式戦というのみならず、なんと初めての試合が上位陣との試合。「慎重に起用する」という監督の言葉とは少し異なる気もしますが、まあ何だかんだで一定のパフォーマンスを保証してくれるはずです。そして前回までの3バックではなく、今節は4バックという選択をしてきました。前節セレッソ戦では好ゲームを演じたとはいえ、攻撃の迫力不足は否めなかったので、両SBの攻め上がりを活かして重厚な攻撃を仕掛けよう、という攻めの狙いが垣間見えます。さらに2つ目のサプライズとしてボランチに佐々木大樹が入りました。大分戦で強烈な印象を残し、前節も終盤に出番を得た佐々木が満を持してスタメンを飾りました。個人的にも注目している選手なので、得意のハードな守備だけではなく、繋ぎや運びの部分もしっかり見ていきたいと思います。インテリオールより前はいつも通りの面々。前節の菊池に続いて、監督は思い切って若手を大一番に送り出してきました。結果を求めるなら当然サンペールですが、調子の良いサンペールではなく佐々木を使ってくるあたりに、若手への期待と、臆せずに若手を使い成長を促してくれる監督の胆力を感じることが出来ます。

対するガンバ大阪は前節までとほぼ同じ配置・メンバーで臨んできました。怪我の小野瀬に代わって右WBに福田、そしてCFにはアデミウソンに代わって、神戸に在籍していた渡邉和真が入っています。フィジカルが強く収まりが良い選手なので、彼のところをしっかりと潰して、前線との繋がりを分断することができれば勝機を見出せるはずです。

前半

前半が静かすぎた理由

前半はお互いの出方を見るような試合運びが印象的でした。神戸がボールを保持してはいましたが、それほど大胆なポジションチェンジはなく、DHに入った佐々木がSBの位置に下りて同サイドのSBを高い位置に上げたり、イニエスタがいつも通りフラフラしたり。基本的にはポジションバランスを崩さずにフォーメーション重視で崩そうという意思が見えました。

対するG大阪は、相手にボールを保持させながらカウンターを狙う戦い方に徹していました。前節までは右CBの高尾が積極的に攻撃参加したり、左WBと左IHが入れ替わったり、かなり流動的な配置で崩しにかかるG大阪ですが、神戸が相手とあってはボール保持に活路を見出すことは難しいと見切ったのか、守備から試合に入ってチャンスを窺ってきました。

神戸の前半のボール支配率は60%。ガンバ大阪の宮本監督の頭の中には、神戸を苦しめたセレッソのハイプレスが念頭にあったはずです。ガンバの守備時の配置は5-3-2。まずCFのどちらかが神戸DHへのパスコースを切りながらボールホルダーに寄せます。同時に中盤の3枚の中央に入ったDHの矢島が同じDHの佐々木をマークします。そうすることで、神戸が得意とする中盤を経由する前進を阻止することが出来ます。

SBに寄せるWB

 

攻撃を外回りにせざるを得ない神戸はCBからSBにパスを出し、そこからWG、あるいは中にいるDHかIHに当てたいところなんですが、そこもガンバはしっかりと封鎖してきました。SBにはWBが出てしっかりと寄せ、DHにはそのままDHの矢島がマークに付き、両IHには両IHが付く形でしっかりと嵌めてきました。

さらに佐々木が斜めに下りて、山口がDHの位置に入る神戸のビルドアップの形にもガンバは想定通りと言わんばかりに難なく対応してきました。IHのどちらかが前に出て、神戸の後方3枚のビルドアップに対して同数の3枚でプレッシャーをかけます。そして両SBには両WBが寄せ、中央で待つイニエスタと山口には、出て行ったIH以外の2枚がしっかりとマークしていました。完全に神戸のビルドアップは研究されていて、それを打開できないまま前半は終わった印象です。

何度かライン間で佐々木がボールをもらう場面はありましたが、消極的なプレー選択が目立ち、局面を前に進めることができませんでした。サンペールがいれば…と誰もが思うほどの閉塞感でしたが、佐々木を責めることはできません。実質神戸1年目の若手選手ですし、これから実戦経験を積んでいくことができれば、必ず成長が見込める選手です。とにかく試合に多く出て、課題を感じてもらうしかありません。僕らに出来るのは結果に左右されずに見守ることだけです。

「静かで退屈な前半」

そう総括しても問題はないほど、神戸がボールを保持しながらもなかなか前進できない展開に終始しました。勇気を欠いていると言えばその通りなのですが、連戦続き&上位陣との対決という側面を考慮したら、仕方のない試合運びだったのかなと思います。攻撃的な姿勢を打ち出すこともできたとは思いますが、前がかりになることとピンチはトレードオフの関係にあり、点の奪い合いになるような過去の試合展開では消耗も激しくなります。スタメンの平均年齢が高い神戸にとって、そのような展開は望むものではありません。

ビルドアップのパターンも少なく、ポジションチェンジにも乏しく、選手の身体も連戦続きで重く、相手を振り切っていく馬力を出せる選手もいない。さらに効果的なサイドチェンジや背後への動き出しもなかったために、よりガンバの選手たちに思いきりの良い前がかりの守備を許す格好となってしまいました。陣形が間延びした状態で相手に奪われる場面もありましたが、幸いガンバの拙攻にも助けられて、決定的なチャンスは作られずに済みました。前半は両者決め手に欠いたまま0-0で折り返します。

後半

ゴール前を固めるG大阪

後半の途中までは前半と同じような展開で推移していきます。神戸がボールを保持しながらチャンスを窺い、非保持のガンバはハイプレスでインターセプトを狙い、自陣まで下げられたときは、明確に5-3-2のブロックを組むことでサイドに厚みを持たせ、神戸の攻撃を無力化します。そんなこんなで時計の針が進んでいましたが、後半17分にガンバに先制点がもたらされます。

前半から何となく気になっていた守備の穴を突かれた格好です。神戸は4-4-2のブロックを組んで守っていましたが、「いるだけ」の守備で怖さは全くありませんでした。何となくスライドして何となくマークをしている感じに見えた守備組織の穴をガンバは突きます。CBのフェルマーレンがマークに釣られたところを、大外から入って来た小野がフリーでボールを受け、当たり損ねがサイドネットを揺らしてガンバが先制します。

ボールの出所にも全くプレスがかかっていないですし、後方と中盤が形成する4-4のラインもバラバラ。もちろんパスを出した高尾も見事。明らかに小野がフリーと分かるような状況でないにも関わらず、タイミングも強さもコースも完璧なスルーパスを通しています。まるでイニエスタのようなスルーパスでしたね。もちろん当たり損ねが入ってしまった不運もありましたが、藤春が外に張って藤谷の意識を外に引っ張ったことで中の小野が空きましたし、その空いたスペースを見つけて入り込む小野の判断も、そこに正確にパスを通す高尾も見事でした。まさに連動した攻撃でしたね。

先制に成功したガンバは5-3-2で引いてブロックを固める意思をより強く持つようになります。ビハインドとなった神戸が前がかりになったことで、それまでのらりくらりと進んでいた試合がここで一気に動き出します。ポジションバランスを重視した静的なビルドアップをしていた神戸ですが、CB2枚を残して両SBを高い位置に上げたり、CBのフェルマーレンが攻撃参加したり(山口がカバー)で、前線で数的優位を作ることができるようになります。

フェルマーレンの持ち上がりで数的優位を作る神戸

 

何とか追いつきたい神戸はフェルマーレンの攻撃参加で数的優位を作り、マークが分散したことでイニエスタが比較的自由になります。フェルマーレンがクロスに飛び込むところまで含めて、神戸がビハインド用に準備した形だと思います。ただでさえマークが手一杯のG大阪でしたが、フェルマーレンが登場することでさらに後手後手になり、神戸はイニエスタの魔法で2、3度決定機が生まれます。

しかし決まらない。今日の神戸は決まりませんでした。イニエスタを自由にして思う存分インスピレーションとテクニックを発揮してもらうのが、今の神戸のポテンシャルを最大限発揮できる唯一無二の方法です。まさに神戸が理想とする形で何度もチャンスを作り、後は決めるだけという展開でしたが、古橋の決定機は東口に阻止され、小川の抜け出しからのクロスは誰にも合わず…

イニエスタがワンツーでバイタルに侵入するシーンも何度か見受けられ、周りとの呼吸が合って来たことは間違いなく収穫ではあったものの、それが結果に繋がらず、最後はいわゆる「決めないと負ける」という教科書通りの展開。宇佐美にダメ押し弾を食らい0-2の敗戦となりました。

雑感

神戸はこれで2戦連続無得点。決定力に課題が残る試合となりました。得点機会を演出するところまで出来ているものの、最後の決めきるところが少し足りないという印象です。まあこの試合に限っては、ガンバのGK東口の好セーブを褒めるべきでしょう。(笑)古橋の決定機を防いだシーンでは人間離れした反射神経を見せました。

神戸の課題として挙げられるのは決定力はもちろん、他の何に置いてもドウグラスの活かし方です。ドウグラスは今まで在籍した広島でも清水でも、ボールをしっかり収めて繋ぐという仕事をそれほど必要とされてきませんでした。しかし神戸というポゼッション型のチームに入って、自分の居場所をまだ掴み切れていない印象を受けます。ここ数試合何度も見られた光景ですが、ドウグラスが背負った状態で受けると、十中八九ボールが足元に付かずにロストしてしまいます。

これは彼の問題ではありません。彼に居場所を提供できていないチームの問題です。もちろん「流石にそれは収めてくれ…」というシーンがないわけではないですが。(笑)彼にはできるだけゴールの近くで仕事をしてもらった方が、彼の決定力を存分に活かすことが出来ます。具体的な解決策としては古橋と2トップを組ませることで、古橋が中継点となり、ドウグラスをよりゴールに専念させることができるはずです。

あるいは思い切ってトップ下が生まれる4-2-3-1のような配置にして、シンプルにイニエスタの近くでプレーをさせてあげるというのもアリだとは思います。いずれにしろ、監督もドウグラスが馴染めていない現状を把握しているとは思うので、次節以降で何らかのアンサーが見れるのを楽しみにしたいと思います。

後はイニエスタが水を得た魚のように躍動した後半は、今後のモデルケースとして参考になるはずです。フェルマーレンが持ち上がることで相手守備陣に選択を強いることが出来ますし、マークが分散することでイニエスタがフリーで受けられる場面は間違いなく増えます。ちなみにJリーグの大分やG大阪、イタリアのアタランタ、プレミアのシェフィールドUなどでも、3CBの一角が攻め上がる形を採用しており、結果も伴ったサッカーを展開しています。

イニエスタがフリーになれば自ずと決定的なシーンも増えますし、そうすればドウグラスが目立つシーンというのも連鎖的に増えていくことでしょう。なので僕はこの「フェルマーレン攻撃参加しちゃおう大作戦」を密かに提言していこうと思います。(笑)まあCBが持ち上がるというのはそれだけリスクのある戦術ですし、アタランタのようにある程度の失点を覚悟する羽目になりますけどね。導入してみるのもアリかなーと個人的には思います。

総括すると、結果は0-2でしたが内容は悪くなかった気がします。できれば失点後のエンジン全開を、前半から見せて欲しかった感はありますけどね。疲労諸々を考えたら難しいのかもしれませんが、理想は追わないと現実にはなりません。アタランタがイタリア全土のみならず世界を席巻したように、神戸にも何らかのアイデンティティとなる攻撃の形を見せて欲しいですね。それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です