未分類

【マッチプレビュー】明治安田生命J1リーグ 第23節 サンフレッチェ広島対ヴィッセル神戸

こんにちは銀さんです。今回はひさーしぶりにマッチプレビューをしていきたいと思います。広島といえばコロナ明けの再開初戦で0-3と完敗を喫した相手。川辺の素晴らしいスルーパスから浅野に決められた屈辱的な、もとい見事なゴールを覚えている方も多いことでしょう。(笑)神戸ファンはご存知の通り、広島は柏と並んで神戸の天敵中の天敵であります。そんな広島に勝つにはどうしたら良いのか。簡単にまとめていきたいと思います。神戸ファンの方は予備知識として、頭に入れながら観戦を楽しんでもらえると光栄に存じます。

両CBの横またはWBの裏

これは意味としては同義です。広島の基本システムは3-4-2-1。これは昔から変わりません。当然3バックというのは4バックとは違い、横のレーンを幅広く埋めることができない配置になります。なので必然的にそのスペースをWBが埋める必要があるのですが、WBがそこに常駐するわけにもいきません。

WBは攻撃的に振る舞う必要もあります。もしWBが高い位置にいるタイミングでボールを失って反転すると、サイドの守備が手薄になります。CBがカバーに入るのが定石ですが、中央をシンプルに使われたり剥がされると一気に決定機に持ち込まれることになります。神戸はそこを狙いましょう。

ただしこれは神戸がカウンターを発動させた場合。もし相手が自陣でセットした状態だった場合はどうでしょう。広島のブロックは5-4-1。サイドを攻略しようにもスペースは皆無です。5-4のラインでピッチの幅をバランスよく埋められてしまっているので、WBの裏を狙おうにもそこには限られた小さなスペースしかありません。

ですがそこを狙うのです。愚直に狙い続けるしか広島を崩す道筋を見つけることはできません。もうこれは断言させてもらいます。神戸からしたら綺麗に中央を崩して相手を引き出して…とかやりたいと思いますが無理です。だって川崎だってそんなことできやしなかったんですから。

対3バックの常套手段でもありますが、とにかくWBの背後にボールを入れてWBが攻め上がりにくくなるようなシチュエーションを意図的に作るのです。そのスペースを突くのは両WGの古橋や郷家、あるいはCFのドウグラスでも良いでしょう。WBの裏にボールをしつこいくらいに入れてCBをサイドに釣り出す。当然そのスペースをWBが埋めたりボランチが埋めたりの抜かりは広島にはありません。

ですがそれを続けていれば相手も嫌がりますし、間違いなく一回はチャンスが生まれます。斜めに動いてパスを引き取ったドウグラスのポストプレーから古橋が受けてカットインしてシュート…などなど。広島相手にはボールを大事にしすぎるのは悪手です。大事に行っても活路を見いだせずにワンチャンスをモノにされる。これが神戸に限らず対広島の負けパターンです。

サイドからのクロスを狙え!

サイドを攻略したらクロスを狙うのが効果的になります。川崎F戦清水戦の4失点は全てサイドからのクロスで喫したものです。しかし単純なクロスではありません。揺さぶりをかけたのちのクロスでなければ意味がありません。

サイドをドリブルで突破してからのクロスだったり、ロングボールで深い位置をとってからのクロスだったり。そういったサイドを抉ってからのクロスは非常に効果的なはずです。幸い神戸にはドウグラスというターゲットがいて、サイドを抉って高精度のクロスを上げられる人材もいますから難しい作業ではありません。

ポイントはスピード感のないシンプルなクロスではダメということ。広島の3CBは高さがあります。動きのない状態の空中戦では後手を踏むこと間違いなし。なので相手CBの目線をボールとマークに絶えず動かすことを意識することが大切になります。

先制点を奪われない!

広島相手に先制点を許すというのは、他のチーム相手に先制点を許すという意味合いとはわけが違います。広島の1試合当たりの失点数はリーグ4位の少なさ。先制点を奪って逃げきるのが広島の勝ちパターンになります。

そうなると先述の通り、後方で5-4-1のブロックを組む守備に手こずることになるのは明白です。神戸ファンは容易に想像できることでしょう(笑)相手のブロックを何とかこじ開けようと頑張るけど、タイトなマークがなかなか崩れずにバックパスが続いて、最後にはトドメを刺される姿が。(笑)

広島相手に先制点は致命的。最低でも前半はリスク優先で守備的に戦う必要があります。人数をかける攻撃ではなくリスクを排除した最低限の攻撃。攻撃時のリスクマネジメントなどもしっかり準備した上で臨む必要があります。

むしろアウェイなので、引き分けでもOKという割り切りも必要になるでしょう。無理に前がかりになる必要はどこにもありません。どっちかというと保守的な采配が目立つ三浦監督ですから、そこらへんは十分プランに入っていると思います。もちろん今シーズンの結果を諦めて勝利を貪欲に狙うのもまた一興ですがね。

まとめ:リスペクトが必要

広島相手には繋いで崩すスタイルを完全に放棄するところまで考える必要があります。広島相手にボールを保持できても何のステータスにもならないことは、神戸とのこれまでの試合でも、さらに僕が見た川崎F戦清水戦でも明らかです。

首位を独走する川崎でさえ、前半は攻めあぐねて決定機を作れずに0-0で折り返しています。最終的に2-0という結果で勝利しましたが、終盤のアディッショナルタイムに追加点が入るまで1-0で逃げ切るというスタンスでした。最強の攻撃力を誇る川崎をもってしても1-0で逃げ切らざるを得ない相手。そうリスペクトを持って臨むべき試合です。

当然相手は神戸にボールを持たせたいはずですが、なるべく広島に持たせる努力も必要です。その方法論こそまさに先述の3バックの横、あるいはWBの背後のスペースを突くことです。相手に自陣でかつ後ろ向きでプレーさせることができれば、カウンターのリスクも減りますし、広島が苦手とする後方からのビルドアップを強いる展開にも持ち込めます。

ミスを誘ってショートカウンター、あるいはロングボールを蹴らせてセカンドボールを回収して二次攻撃に繋げることもできるでしょう。広島にはかなり苦手意識を持っている神戸ですが、より効率化した神戸のサッカーなら勝機はあります。今までの鬱憤を晴らすような勝利に期待!